USB I/O イントロダクション
USB I/O セレクションガイド
 ICPDAS USBシリーズ入出力モジュールはデータを獲得か出力するのに非常にフレキシブルな解決策です。ユーザーはICPDAS USBシリーズモジュールを適用することによって研究室での研究テストなどのPCベースコントロールを自分自身で構築できます。ICPDAS USB I/Oモジュールの利点はユーザーが異なった分野でアプリケーションで簡単に素早くプロジェクトを構築するのを助けるために小型で、ポータブルで、USBバス電源で、様々な入力タイプです。従来のパソコンの入出力カードと比較してください、それはケースを開けて入出ボードを構成する時間の浪費です。ICPDAS USB I/Oでは、あなたは効率的な方法で単純に制御している入出力を楽しむでしょう。 ICPDAS USB I/OはUSBのバスの電源を特徴として備えており、1本のケーブルで入出力にアクセスして追加パワー配線なしで電源を供給します。ICP DAS USB I/Oは小型モジュールです。 あなたは例えば広い範囲アプリケーションにおけるこれらの入出力モジュールを適用できます。 例えばファンレスコントローラー、計測、BOX-PCと自動テストなど。ICP DAS USB I/Oは10kS/sにデータ取得の機能性を提供します。ユーザーは例えばリアルタイムの要求されたアプリケーションにこれを適用できます。 例、騒音測定。
自動制御、自動試験、研究開発
USBバスパワー
 ICP DAS USB I/OシリーズモジュールはPCから電源を取ります。データとパワーの両方は追加配線と電源の必要性を排除しながらUSBケーブルを通して運ぶことができます。
・デュアルウオッチドック
 デュアルウオッチドックはモジュールウオッチドックと通信ウオッチドックから構成されます。また出力の機能は通信ウオッチドックに関連づけられます。
 モジュールウオッチドックはモジュールの動作をモニターしハードウェアかソフトウェアに不具合が発生するとCPUをリセットするのにハードウェア回路に内蔵されています。
 コミュニケーションウオッチドックはホストとICP DAS USB I/Oモジュールとのコミュニケーションをモニターするソフトウェア機能です。コミュニケーションWatchdogのタイムアウトはプログラマブルです。
 ICP DAS USB I/Oがしばらくホストからコマンドを受け取らないときウオッチドックは接続デバイスの予測できない損害を防ぐために事前にプログラムされた安全値を強制的に出力します。
・パワーオン値と安全値
 出力モジュールに値を設定すること以外に、出力モジュールは2つの他の状態を設定できます。
 パワーオン値:パワーオン値はリセットコマンドに依るリセット、モジュールウオッチドックによるリセット、パワーオンの3つの状態の元で出力モジュールにロードされています。
 安全値:通信ウオッチドックが有効にされて通信ウオッチドックがタイムアウトを起こした時、安全値は出力モジュールにロードされます。
・悪環境下での高信頼
・動作温度:-25〜+75℃
・保存温度:-40〜+85℃
・湿度:10〜90%RH (結露無し)