ICPDASジャパン総合目次カテゴリー目次ICPDASジャパン問い合わせ製品詳細ページ
tMシリーズリモートデータ収集/コントロール製品
 tMシリーズはデジタル入出力機能を提供してネットワークデータ取得とコントロールモジュールのファミリーです。
 モジュールはDCONとModbus RTUプロトコルを使用することによってRS-485のシリアルバスを通してをリモートコントロールできます。
 RS-485ポートの選択可能な伝送速度は最大11万5200 bpsです。
 Modbusは産業でデファクトスタンダードの通信規約になって産業用電子装置を接続する現在最も一般的に利用可能な手段です。
 これはHMI、SCADA、PLC、および他のソフトウェア・システムでtMシリーズを完全に統合にします。
 tMシリーズの機能性はM-7000M-シリーズと同じです。
 tMのシリーズの小さいRS-485 I/Oモジュールは様々な入出力タイプをサポートします、光絶縁デジタル入力、リレー接点、フォトモスリレー、オープンコレクター出力ような。
 tMシリーズはモジュールウオッチドックとホストウオッチドックの二重のウオッチドックを提供します: 。
 モジュールウオッチドックはモジュールがハングアップしたとき自動的にマイクロプロセッサをリセットするように設計されています。
 ホストウオッチドックはホストコントローラ(PCかPLC)をモニターします、そしてホストが失敗したときモジュールの出力は事前に定義された安全な値の状態に行くことができます。
 最大の省スペースのためにtMシリーズは直接マシンに埋め込むこむように容易にどこでもインストールすることが出来る驚くべき小さい形態で提供します。
 それは簡単な配線のための2個の取り外し可能なターミナルブロックコネクタを備えています。
 ・費用対効果の高いリモートI/Oモジュール
 ・モドバスRTUとDCONプロトコルをサポート
 ・デジタル入力とデジタル出力は絶縁
 ・RS-485バスは115200 bpsまでのボーレートをサポート
 ・パワーオンとセーフバリューのデュアルウオッチドック
 ・簡単結線の為にターミナルブロックコネクター
 ・低消費電力で小型
 ・RoHS準拠でハロゲン無し
 ・難燃材料使用(UL94-VOレベル)
 ・DINレール取り付けで簡単
簡単な比較は以下の表です。またそれらの通常のRS-485 I/Oモジュール以外に私たちはいくつかのODMモジュールを提供できます。
Model Name tM series I-7000 M-7000
Pictures
コミニケーション
プロトコル DCON, Modbus RTU, Modbus ASCII DCON DCON, Modbus RTU
データフォーマット (N, 8, 1), (N, 8, 2), (O, 8, 1), (E, 8, 1) (N,8,1)
最大ノード数 32 256
バイアス抵抗 Yes, 10 KΩ No (Note1)
デュアルウオッチドック Yes, モジュール (2.3 秒),通信 (プログラマブル) Yes, モジュール (1.6 秒),
コミニケーション (プログラマブル)
I/O
DIO 最大チャンネル数 8 16
AIO 分解能 12/14 ビット 12/16 ビット
最大チャンネル 8 (tM-AD8) 20 (I-7017Z, M-7017Z)
個別チャンネル構成 - Yes
ディスプレイ
パワー と 通信 LED Yes Yes
I/O 状態 LED - Yes ( D バージョンのみ)
7セグメント LED - Yes ( D バージョンのみ)
メカニカル
寸法 (W x L x D) 52 mm x 98 mm x 27 mm 72 mm x 123 mm x 35 mm
RS-485マスターはバイアスを提供しなければなりません。さもなければ、tM-SG4かSG-785がバイアスを提供するために加えられるべきです。 すべてのICP DASコントローラとコンバータはバイアスを提供します。
 ・ファクトリー、ビルディング、ホームオートメーション
 ・リモート診断、計測