ネットワーク能力と様々なディジタル入出力機能を提供して、PETL-7000とtET/tPETシリーズはIPベースのイーサネット入出力モニターとコントロールモジュールです。
 モジュールはModbus TCP/UDPプロトコルを使用することによって10/100Mのイーサネットネットワークを通してリモート制御ができます。
 Modbusは産業でデファクトスタンダード通信規約になって産業電子装置を接続する現在最も一般的に利用可能な手段です。
 PETL-7000/tET/tPETシリーズはHMI、SCADA、PLC、および他のソフトウェア・システムを備えて完全な統合を出来ます。
 PETL-7000/tET/tPETシリーズモジュールの機能性はPET-7000シリーズとほとんど同じです。
 PETL-7000/tET/tPETシリーズイーサネット入出力モジュールはホト絶縁デジタル入力、リレー接点、フォトモスリレー、オープンコレクター出力の様な様々な入出力タイプをサポートします。
 モジュールはイーサネットを通してDIからDOへのペア接続を作るのに使用できます。
 構成がいったん完成されるとモジュールはバックグラウンドでローカルDIチャンネルとModbus/TCPプロトコルを使用したリモートDOデバイスに連続的に書き込みの状態をポーリング出来ます。
 自分自身でイーサーネット能力を持っていてそうしない時にディジタル入出力装置を接続するのに役に立ちます。
ネットワーク構成
 DHCPは同時にIPアドレスの課題で1台以上のコンピューターか装置によってIPアドレスの割り付けによって引き起こされたアドレス闘争などのような手動のIPアドレス構成によって引き起こされた構成誤りを最小にします。
 PETL-7000/tET/tPETシリーズモジュールはDHCPクライアント機能をサポートします。PETL-7000/tET/tPETはDHCPサーバーから必要なTCP/IP設定情報を簡単に入手します。
 モジュールはeサーチユーティリティープログラムからUDPをサーチしてIPアドレス情報転送するUDP応答を含みます。
ウエブサーバ内蔵
 イーサネット入出力モジュールのシリーズはネットワークトラフィックの効率的な取り扱いを可能にするために強力な32ビットのMCUを特徴とします。
 またそれにはユーザーがDHCP/スタティックIP、ゲートウェイ/マスク、シリアルポートを含むモジュールの設定を変更するのを許容するために直感的なウェブ管理インタフェースを提供する内蔵のウェブサーバがあります。
デュアルウオッチドック内蔵
 モジュールはデュアルウオッチドックを提供します。CPUウオッチドック(ハード機能)とホストウオッチドック(ソフトウェア機能)。
 CPUウオッチドックはもし内蔵のファームウェア異常作動で自動的にCPUをリセットする。
 ホストウオッチドックはモジュールとホスト(PCやPLC)間で決められた時間(ウオッチドックタイムアウト)に通信が無ければ事前に決められた安全値にデジタル出力が設定される。
 デュアルはモジュールが厳しい環境でさえ作動するのを確実にする重要な特徴です。
PWM(パルス幅変調)
 t(P)ET/PETLシリーズのDOはPWM(パルス発生)機能を提供します。ユーザーはそれぞれのデジタル出力チャンネルに異なった周波数とデューティサイクルを設定できます。
 さらに2個のDOは独自または同時に仕事を出来ます。
 t(P)ET/PETLシリーズ製品は制御システムの複雑さを減少させてタイミング精度を高めます。
 
周波数計測
 またt(P)ET/PETLシリーズモジュールは周波数測定の機能を提供します。
 それは確かな時間と周波数計算でDIカウントを得ます。
 リモートホストによるポーリングよりむしろ我々のモジュールは周波数を直接でなしにカウント出来ます。周波数計測の精度向上と2個の終端での通信遅れの減少が心配です。
 より多くのアプリケーションに適用するのにこのモジュールは3スキャンモードと4移動平均方法をユーザーがアプリケーションで最適な方法を選べるように提供します。
 回転と速度測定値にこの特徴を使用できます。
 
デイジーチェンイーサネット配線
 
ET-2200シリーズにはデイジーチェイントポロジーを実行する内蔵の2ポートイーサネットスイッチがあります。ケーブリングははるかに簡単でケーブルの総コストとスイッチはかなり減少されています。
LANバイパス
 LAN Bypass機能はイーサネットコミュニケーションを保証します。それは自動的にET-2200シリーズのパワーが緩くなった時ネットワークトラフィックを続けるためにアクティブな状態でそうするでしょう。
低消費電力
PETL-7000/tPETシリーズモジュールはNS-205PSEなどのPoEスイッチからパワーを受けるのに標準のカテゴリ5イーサネットケーブルを使用することでIEEE 802.3afに対応(分類、Class1)します。
 またPoEスイッチが全くサイトになければモジュールはACアダプターから入力を受け入れるでしょう。
 PETL-7000/tET/tPETシリーズは超-低消費電力に設計されています。増加する燃料と電気料金から隠されたコストを削減して特にあなたが装置サーバーに膨大な量をインストールさせるとき低エネルギー設備を選ぶことによって消費された電気の量を減少させるのに、緑の環境を維持することへの前向きの影響の力を持つことができます。
利便性
 モジュールは配線簡素化するためにリムーバブル端末のブロックコネクタを備えています。
 最大限の省スペースの為にtET/tPETシリーズはPETL-7000シリーズがパームサイズ形態因子であるのに対して驚くべき小さい形態因子です。
 これでそれらは容易にどこでもインストールできて直接マシンに埋め込まれさえします。
-25℃〜+75℃間の動作への換気ハウジング設計
 ETL-7000はPETL-7000が-25℃から+75℃までの温度範囲で作動するのを考慮してシェル/ケースの中で作業環境を冷やすのを助けるコラムのような換気装置を備えた難燃剤プラスチック(UL94-V0 Level)シェル/ケースに収容されています。            
製品リスト比較表
Comparison Item
ET-2200
tPET
PET-7000
ET-7200
Picture
Ethernet 2-Port Switch, 10/100 M 10/100 M, PoE 2-Port Switch, 10/100 M
Modbus TCP/UDP Yes
Web HMI Simplified Yes
Multi-client Yes (12) Yes (10) Yes (12)
IP Filter
Yes (white list)
Latched DI
Yes
DI as Counter 32-bit, 3 kHz 32-bit, 500 Hz
I/O Pair-Connection Yes (Poll/Push Mode) Yes (Poll Mode)
PWM Yes (100 Hz max.) -
Frequency Measurement Yes (3 kHz max.) -
Dual Watchdog
Yes (CPU, host)
Yes (Module, host)
Form Factor
Slim Type
Tiny Size Palm Size
Space Occupied on DIN-Rail 3.3 cm 5.2 cm 7.2 cm 7.6 cm
ET-2200 Digital I/O Modules
Model
UDIO
DI
DO
Channels
Channels
Contact
Sink/Source
Channels
Type
Sink/Source
Max. Load @ 25゚C
ET-2242
-
-
-
-
16
Open Collector
Sink
650 mA/Channel
ET-2251
-
16
Wet/Dry
Sink/Source
-
-
-
-
ET-2254
16
*
Dry
Source
*
Open Collector
Sink
100 mA/Channel
ET-2254P
16
*
Dry
Source
*
Open Collector
Sink
350 mA/Channel
ET-2255
-
8
Wet/Dry
Sink/Source
8
Open Collector
Sink
650 mA/Channel
(*Note: The number of DI/DO channels is depending on wiring and the software configuration.)
ET-2200 Relay Output/Digital Input Modules
Model
DI
Relay
Channels
Contact
Sink/Source
Channels
Relay
Sink/Source
Max. Load @ 25゚C
ET-2260
6
Wet
Sink/Source
6
Power Relay
Form A (SPST N.O.)
5 A @ 250 VAC/24 VDC
(Resistive Load)
ET-2268
-
-
-
8
Signal Relay
4 Form A, 4 Form C
2 A @ 30 VDC
0.25 A @ 250 VDC
tET/tPET Digital I/O Modules
Model
DI
DO
PoE
Non-PoE
Channels
Contact
Sink/Source
Channels
Type
Sink/Source
Max. Load @ 25゚C
tPET-P6 tET-P6
6
Wet
Sink/Source
-
-
-
-
tPET-PD6 tET-PD6
6
Dry
Source
-
-
-
-
tPET-C4 tET-C4
-
-
-
4
Open Collector
Sink/NPN
100 mA/channel
tPET-A4 tET-A4
-
-
-
4
Open Emitter
Source/PNP
650 mA/channel
tPET-P2C2 tET-P2C2
2
Wet
Sink/Source
2
Open Collector
Sink/NPN
100 mA/channel
tPET-P2A2 tET-P2A2
2
Wet
Sink/Source
2
Open Emitter
Source/PNP
650 mA/channel
tET/tPET Relay Output/Digital Input Modules
Model
DI
Relay Output
PoE
Non-PoE
Channels
Contact
Sink/Source
Channels
Relay
Type
Contact Rating
tPET-P2POR2 tET-P2POR2
2
Wet
Sink/Source
2
PhotoMOS Relay
Form A (SPST N.O.)
1 A/channel
tPET-PD2POR2 tET-PD2POR2
2
Dry
Source
2
PhotoMOS Relay
Form A (SPST N.O.)
1 A/channel
tPET-P2R2 tET-P2R2
2
Wet
Sink/Source
2
Power Relay
Form A (SPST N.O.)
5 A/channel
tPET-PD2R1 tET-PD2R1
2
Dry
Source
1
Power Relay
Form A (SPST N.O.)
5 A/channel
PETL−7000シリーズ
Digital Input/Relay Output
Model
Ethernet
DI
Relay Output
Channel
Type
Sink/Source
Channels
Relay
Type
Max. Load Current
PETL-7060
10/100 M, PoE
6
Wet
Sink, Source
6
Power Relay
Form A (SPST N.O.)
5.0 A/channel