アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
PISO-725

8チャンネルリレー出力&8チャンネル絶縁デジタル入力ボード
   
PISO-725 8チャンネルリレー出力&8チャンネル絶縁デジタル入力ボード
PISO-725

・PCIバス
・状態変更インターラプト全てのデジタル入力
・デジタル入力の絶縁非絶縁はジャンパー設定
・8個リレー出力(フォームC x4、フォームA x4)
・3750 Vrmsフォトアイソレーション保護
・リレー出力状態読み込みをサポート
・出力状況をLEDで表示
・DB-37 x1コネクター入力と出力用
・プラグ&プレーとI/Oリソース取得をサポート
・I/OアドレスとIRQ手動設定不要
 PISO-725はPCIバスコンピューターのための16チャンネルのディジタル入出力インターフェースボードです。
 それは、5V PCIスロットにインストールできI/Oリソースを自動取得とプラグ&プレーをサポートします。
 PISO-725はシングルDB-37コネクタを持っています。8個のリレーと8個の絶縁/非絶縁デジタル入力を提供します。
 デジタル入力はハードウェアのジャンパーで絶縁か非絶縁に設定できます。各デジタル入力はもし状態が変えられるなら連続で入力が必要無いのなら接点の開/閉をモニターすることは非常に有用でインターラプト信号を生成できます。
 3750Vrms絶縁保護でこれらのDIチャンネルはグラウンド・ループを防いでダメージ電圧からホストコンピュータを隔離するために入力信号を完全にフロートにさせます。
 制御回路に必要とされるリレーはローパワー信号(制御装置と制御回路の間には完全な電気的絶縁がある)か1つの信号で数個の回路を制御しなければならないところで使用されています。
・ファクトリーオートメーション
・コントロール
・DOS Lib and TCサンプルプログラム(ソースコードを含む)
・DLL and OCX SDK Windows 95/98/NT/2K用
・.DLL and OCX SDK 32ビットと64ビット Windows XP/2003/Vista/7用
・VB/VC/Delphi/BCB/VB.NET/C#.NETソースコード付きサンプルプログラム
・LabVIEWツールキットウインドウズ用
・Linux用ドライバー
デジタル入力
絶縁電圧 3750 Vrms (外部電源使用)
チャンネル 8チャンネル
互換 フォトカプラー絶縁
入力電圧 ロジック 0: 0 ~ 1 V
ロジック 1: 9 ~ 24 V
入力インピーダンス 1.2 KΩ, 1 W
応答速度 4 kHz (標準)
リレー出力
チャンネル 8チャンネル
リレータイプ Form C
接点定格 AC:0.3 A/120 V
DC: 1 A/30 V
動作時間 5 ms (標準)
開放時間 10 ms (標準)
寿命 メカニカル: 100,000 ops.(30 V/1 A)
一般
バスタイプ 5 V PCI, 32ビット, 33 MHz
データバス 8ビット
カード ID No
I/O コネクター メス DB37 x 1
寸法 (L x W x D) 150 mm x 110 mm x 22 mm
消費電力 300 mA @ +5 V
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH, 結露無し
PISO-725 8チャンネルリレー出力、8チャンネル絶縁デジタル入力ボード
CA-4002 D-Subコネクター x1含む
CA-3710 DB-37 Male-Male D-sub cable 1 M (Cable for Daughter Board(45°))
CA-3710D DB-37 Male-Male D-sub cable 1M (Cable for Daughter Board(180°))
CA-3715DM-H DB-37 Male-Male Cable, 1.5 M, 180°. (RoHS)
CA-3730DM-H DB-37 Male-Male Cable, 3.0 M, 180°. (RoHS)
CA-3750DM DB-37 Male-Male Cable, 5.0 M, 180°. (RoHS)
CA-3750DM-H DB-37 Male-Male Cable, 5.0 M, 180°. (RoHS)
CA-4002 37-pin Male D-sub connector with plastic cover.
DB-37 Directly connect signal to D-sub 37-pin connector
DN-37 DIN Rail Mounting 37-pin Connector