アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
ENCODER300

ISAバス3軸エンコーダインターフェイスカード
ENCODER300 ISAバス3軸エンコーダインターフェイスカード
ENCODER300

・インクリメンタツかクオドランド入力
・3個の独立軸
・最大クオドランド入力周波数:1MHz
・エンコーダサイクル毎カウント:X1、X2、X4(ソフトウエアー選択)
・エンコーダ入力モード:クオドランド、アップ/ダウン、パルス/方向
 ENCODER300はIBM PC/ATバス互換のための3軸の矩エンコーダインターフェースボードです。
 各エンコーダにおいて、フェーズ0、フェーズ90、およびインデックスパルス入力を提供します。
 入力はシングルエンド(A、B、C)、または差動(A+、A-、B+、B-、C+、C-)です。
 必要ならパワーと接地接続をエンコーダ使用に提供します。
 入力は4次デジタルフイルターで調整されます。
 クオドレートモードの最大入力率は1MHzです。
 条件としている入力は16ビットのカウンターに適用されます。
 カウンターはクオドランドデコーディングに使用されます、パルス-か方向入力、パルスはアップ/ダウンカウンター入力。
General
Number of Axis 3
Slot Interface ISA Bus
Resolution 16 bit
Mode Quadrant, CW_CCW, PULSE_DIR
Maximum Counting Rate 1 MHz
Digital Output Channels -
I/O Isolation -
Connector 25-pin D-Sub
Power Consumption +5 V @ 500 mA
Environmental
Operating Temperature 0 ~ +60 °C
Storage Temperature -20 ~ +80 °C
Ambient Relative Humidity 0 ~ 90 % RH, condensing
Software Support
Windows Driver/DLL/Lib Windows 95/98/ME/NT4.0
DOS Library DOS 6.2
Labview Development Kit -
Linux Library -
ENCODER300 ISA バス、3軸エンコーダインターフェイスカード
CA-PC25M (25ピンオスD-subコネクタープラスチックカバー付き)
DN-25 I/O Connector Block with 25-pin/9-pin D-Sub Connector (DIN-Rail Mounting)