セレクションガイド
XP8000-AtomはICPDASの新世代PACです。
 それはPCの機能性と風通しの良さ、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の信頼性、および入出力モジュールの知性を結合します。
 PCやPLCと比べてPACにはより良い価格対性能比があります。そのうえXP-8000-Atomはファクトリーオートメーション、ビルディングオートメーション、マシンオートメーション、ラボラトリオートメーション、化学産業、環境モニタリング、M2M等に広く使用できます。
 XP-8000-Atomはウインドウズエンベデッドスタンダード2009 (WES)かウインドウズエンベデッドCE6オペレーティングシステムが走るインテルAtom CPUを装備しています。
 様々な接続性 (VGA、USB、イーサネット、RS-232/RS-485) と高性能パラレルI/Oモジュールの為の0/1/3/7スロットがあります。
 XP-8000 (AMD LX800)と比べてCPUの性能が(AMD LX800より5~6倍速い)を向上させるだけでなくDDR2メモリ、デュアルギガビットイーサネット、HD オーディオなどのように多くの特徴を加えます。
異なったOSが走るXP-8000-Atomファミリーは分類されます
  XP-8000-Atom series:Windows Embedded Standard 2009(WES) 内蔵
  XP-8000-Atom-CE6 series:Windows CE6 R3 内蔵
 Windows Embedded Standard2009には、WindowsXPプロフェッショナルと同じWin32APIがあります。
 デスクトップにおけるほとんどの人気があるアプリケーションをWindows Embedded Standard2009に容易に移植できます。
 またそれもVisualスタジオ、デルフィ、Borland C++Builderなどの豊かなWindows IDEsと互換性があります。
 これらのポイントは事実上開発の取り組みを減少させて売り出すまでの時間を短縮します。
 Windows CE6は素早い時間が重要で高い性能のアプリケーションを作成するのに使用されるコンパクトでリアルタイムのOSです。
 Windows CE6と共にユーザはソフトウェアを開発するのに身近なツール(VS.NET 2005/2008)を使用できます。
 カーネルアーキテクチャは32から32,000までの同時に走っている処理を有効にサポートします。それはそれぞれ2GBの仮想メモリーアドレス空間で走ります。
 これで開発者はXP-8000-Atom-CE6により多くのより複雑なアプリケーションを組み入れることができます。またより一層Soft PLC(ISaGRAF)とSCADA(InduSoft)の開発ツールも利用可能です。
ソフトウエアーの特徴
XP-8000-Atom
・EWF (Enhanced Write Filter)
・IIS 5.1 (Web Server and FTP Server)
・ASP.NET 2.0
・SQL Sever 2005 Express
・リモートデスクトップ
・.NET framework 3.5
・Win32 APIs
・OPC Server (NAPOPC_XPE DA Server)
XP-8000-Atom-CE6
・FTP Server
・Web Server
・SQL Compact Edition 3.5
・.NET Compact Framework 3.5
・Remote Display
・OPC Server (NAPOPC_CE6 DA Server)
・Soft PLC solution: XP-8xx7-Atom-CE6 (ISaGRAF inside)
・SCADA solution: XP-8xx9-Atom-CE6 (InduSoft inside)
ハードウエアーの特徴
組み込みVGAポート
 内蔵のVGAポートを通常の液晶ディスプレーに直接接続できます。
 ディスプレー、キーボード、マウスをPACにを接続した後に、ユーザは通常のPCと同じように操作できます。
64ビットハードウエアーシリアルナンバー
 64ビットのハードウェア通し番号はユニークで個別です。PACのあらゆる通し番号が異なっています。
 ユーザはソフトウェアが海賊行為から防ぐためにそれらのAPに照合メカニズムを加えることができます。
内蔵フラッシュディスク
 正常な状況ではユーザはCFカードかUSB FlashディスクにそれらのAPかデータを格納できます。
 しかし何らかの振動環境(例えば自動車、船、、列車)で2つの記憶媒体は悪い接続でしょう。
 そして内蔵のFlashディスクはそのような振動環境で最も良い記憶媒体になるでしょう。
デュアルウオッチドックタイマー
 システムはOSかAPが失敗したときハングアップするかもしれません。
 2個のウオッチドック(OSウオッチドックとAPウオッチドック)はこのような状況が起こった時自動的にCPUをリセットするように設計されています。
 デザインはシステムの信頼性を増加させるでしょう。
デュアルバッテリーバックアップSRAM (512 KB)
 パワーオフの間重要なデータを保有するために不揮発性メモリーは理想的なデザインです。
 PACはパワーオフの間データを保有するのに512KB SRAMと2個のリチュウムバッテリーを備えています。
 2個のリチュウムバッテリーは5年間データを保有するために絶えず512KB SRAMに電気を供給しています。そしてデュアルバッテリーデザインは新しいバッテリーを取り替えている間データの損失を避けることができます。
デュアルイーサネットポート
 PACは2つのイーサネットポートを提供します。
 2つのイーサネットポートはイーサネットコミュニケーションリダンダント道具としてそして別々のイーサネットコミュニケーション(1つはグローバルインターネットへ、1つは個人的なイーサネットのため)を実行するのに使用できます。
リダンダント電源入力
 PACが電力損で失敗するのを防ぐためにパワーモジュールは2個の入力コネクタで設計されています。
 入力がいったん失敗するとパワーモジュールはもう片方の入力に切り替わります。
 そして停電を知らせるためのリレー出力があります。
動作温度は-25℃〜+75℃の間
 PACは箱の中の作業環境を冷却してPACが-25〜+75℃で操作するのを許容するのを助けるためにコラム風の換気扇を備えたプラスチックベースの箱の中に納められています。