ICPDASジャパン総合目次カテゴリー目次ICPDASジャパン問い合わせ製品詳細ページ
C 言語ベース μPAC-5000 (MiniOS7 内蔵)
μPAC-5000 はDOS風OS (MiniOS7と呼びます)、イーサネット、 RS-232、 RS-485 の通信ポートと1個の拡張バス、加えて1個の特別のI/Oボードが走る16ビットCPUを持っています。
 ユーザは、マイクロPAC-5000のためのプログラムを開発するために16ビットの実行可能なファイル(*.exe)を作成するのにCコンパイラを使用できます。
 推奨フリーコンパイラーはTurbo C 2.0 or Turbo C++ 1.0.1です。
 多くのデモプログラムが参考のためあります。しかもTCP/IPプログラミングのために、私たちはXServerというものをTCP/IPサーバテンプレートに供給します。
 それは90%の開発時間を節約できて、非常に強力で、使いやすく、フレキシブルなツールです。
Model Wireless Communication CPU Flash SRAM Memory Expansion Ethernet RS-232/RS-485
μPAC-5001(D) - 80 MHz 512 KB 512 KB microSD 10/100 BaseTX 1/1
μPAC-5001(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
μPAC-5101(D) GPS microSD
μPAC-5101(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
μPAC-5201(D) 2G (GPRS) microSD
μPAC-5201(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
μPAC-5301(D) 3G (WCDMA) microSD
μPAC-5301(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
μPAC-5501(D) Wi-Fi microSD
μPAC-5501(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
μPAC-5901(D) ZigBee (Full Function Device) microSD
μPAC-5901(D)-FD MicroSD + 256 MB Flash
ISaGRAF Based μPAC-5000
ISaGRAF ベース μPAC-5000 コントローラは IEC61131-3準拠の5種類の PLC 言語をフルサポートします。
1. ラダーダイアグラム
2. ファンクションブロックダイアグラム
3. シケンシャルファンクションチャート
4. スタンダードテキスト
5. イントロダクションリストプラスフローチャート
DCON と Modbus protocolをRS-232/485かイーサネット経由でリモートI/Oにリンクしてサポートします。.
Model CPU Flash SRAM Memory Expansion Ethernet Wireless Communication RS-232/RS-485
μPAC-5007(D) 80 MHz 512 KB 768 KB microSD + 512 KB Battery Backup SRAM 10/100 BaseTX - 1/1
μPAC-5107(D) GPS
μPAC-5207(D) 2G (GPRS)
μPAC-5307(D) 3G (WCDMA)
μPAC-5507(D) Wi-Fi (802.11 b/g)