セレクションガイド
 iPAC-8000は製造、研究、および教育におけるデータ取得とコントロールのために設計されたコンパクトで、モジュールの、そして知的で頑丈な分配I/O(入力/出力)システムの新しいファミリーです。
 この新しいエキサイティングなシリーズはフレキシブルで、多能で、経済的なソリューションをさまざまなアプリケーションに提供します。 データー収集、工程管理、テスト、および測定からエネルギーとビル管理まで。
 iPAC-8000は自己のローカルバスを通してまたは入出力拡張かネットワーク拡大を通して入出力を接続する能力があるモジュールのネットワークベースのシステムです。
 ユニットはさまざまな標準の通信インターフェース、および入出力拡大を可能にする入出力バスを備えた主制御装置です。
 バスはシリアルかパラレル入出力モジュールのどちらかを接続するために施設を提供することにおいて現実にハイブリッドです。パラレルバスは高速データ転送に使用されます。
 ユニットはシリアル通信(RS232、RS485)、イーサネット、またはCANbusを使用することで交信できます。
 製品のイーサネットバージョンはインターネットとイントラネットアプリケーションを可能にして統合Webサーバをサポートします。
 iPAC-8000は標準のSCADAパッケージか代替えが走るホストマシンに接続してインテリジェントディストリビューテッドデーターアクイジションのフロントエンドとして使用出来ます。
 それは組み込みソフトウエアーアプリケーションを実行する自立コントローラーとしてユーザプログラムが可能です。
 重要な非揮発性メモリはデータとプログラム・ストレージに利用可能です。
製品は4つの基本的なコンポーネントで作られます:
・メインコントロールユニット(MCU)
 MCUはiPAC-8000のパワーハウスです。
 各MCUは4か8つのパラレルI/Oモジュールのために4または8スロットバックプレーンを、セントラルプロセッサ・モジュール(CPM)、電源、を包括します。
  CPMはCPU、RAM、およびROMを包括する強力な統合処理エンジンと、オプションの通信インターフェースがRS-485、イーサネット、およびCANbusを含みます。
・I/O拡張ユニット
 入出力拡張装置は入出力モジュールの数を増やすのに使用されます。
 各拡張装置はいくつかの入出力スロットを備えた電源モジュールとバックプレーンを包括します。
 PCかMCUが異なったインタフェースを通してユニットをリンクできます。
 入出力拡張装置87K4、87K8は拡張装置から主制御装置にリンクする115.2KのBPSの RS-485バスを備えています。
・I/Oモジュール
 2つのタイプの入出力モジュールがあります。ハイスピードパラレルタイプ、および低速のシリアルタイプがあります。