ジグビーセレクションガイド
ジグビーて何ですか?
 ジグビー(ZigBee)はワイヤレスパーソナルエリアネットワーク(WPANs)の為のIEEE802.15.4規格基づく仕様です。
 ジグビー(ZigBee)はISMラジオバンドで作動しそのフォーカスは汎用のそして安価な自己組織化を定義することになっています。産業用コントロール、エンベデッドセンシング、医用データ収集、煙、および侵入者警告に使用できる網目状ネットワークオートメーション、ホームオートメーション、及びdomotics、等を造ります。
 ジグビー(ZigBee)ネットワークには3つの異なったタイプのジグビー(ZigBee)装置が有ります。
コーデェネータ(マスター):ただ1人のコーデェネータが各ジグビー(ZigBee
 ネットワークで存在します
その機能は、ネットワークに関する情報を格納して、各ポイント
 の間の最適なトランスミッション経路を決定することです。


◎完全な機能装置(ルータ、リピータ):ルータは他の装置からデータを通過する中間的リピータ
 として機能します。


縮小機能装置(端末装置):この装置はその親ノード(コーディネータかルータのどちらか)
 話すのを可能にする最小量の量の機能性を含んでいます
それは他の装置からのデータをリレー
 することができません。
 
 IEEE-802.15.4規格で定義される3つのトポロジー、スター、クラスターツリー、メッシュが有ります。
 ジグビー(ZigBee)は小さいデータパケットを通してスタティックスターネットワークに適した基本的なマスター、スレーブ構成を使用します。最大254のノードが許容されます。
ジグビー対ブルーツース
 ジグビー(ZigBee)はコントロールとオートメーションに焦点を合わせ、ブルートゥースはラップトップと、PDA間の接続のようにケーブルの代わりに焦点を合わせます。
 ジグビー(ZigBee)は低速データ転送、低消費電力、小パケット装置;ブルーツースは高速データ転送、高消費電力、大パケット装置に使用されます。
 ブルートゥースと比べて、ジグビー(ZigBee)ネットワークは、より多くの装置をサポートができて装置間もより長い範囲を許容します。
ジグビー対SST-2450
 SST-2450は長距離ワイヤレスアプリケーション(最大20Km)に使用されて単純な半二重ネットワークに適しています。
 ジグビー(ZigBee)は様々な、スター、クラスターツリー、メッシュのようなネットワークトポロジー、をサポートしています。また、それは冗長システムのリピータの機能性をサポートします
ZT-2570/ZT-2571について
 ZB-2570/ZB-2571RS-485/RS-232/イーサネットからジグビーネットワークへのコンバータでRS-485/RS-232装置をワイヤレスにそして簡単な接続で、新しいまたはエキサイティングなシステムにします。
 ZB-2570はネットのホストです。ZB-2571はネットのスレーブです。
 それらは様々なデータフォーマット、ボーレートをウインドーズベースのGUIユーティリティ経由で構成出来ます。
 ZB-2570/ZB-2571は特別なスターかメッシュネットワークトポロジーを使用することで実用化することができます。
 RS-232/RS-485/Ethernet ネットワークを使用するいくつかの既存のシステムでは、建造物問題、配線問題または他の理由のため新しい装置を追加するのは時々難しいです。あなたのネットワークを広げるために容易にZB-2570/ZB-2571を既存のシステムに追加することができます。
ZT-2550/ZT-2551について
 ZB-2550/ZB-2551はRS-485/RS-232からジグビーネットワークへのコンバータです。
 それは、RS-232/RS-485デバイスがワイヤレスに容易に新しいか既存のシステムに接続されるのを可能にします。
 ZB-2550はネットのホストです。ZB-2551はネットのスレーブです。
 それらは様々なデータフォーマット、ボーレートをウインドーズベースのGUIユーティリティ経由で構成出来ます。
 ZB-2550/ZB-2551は特別なスターかメッシュネットワークトポロジーを使用することで実用化することができます。
 RS-232/RS-485 ネットワークを使用するいくつかの既存のシステムでは、建造物問題、配線問題または他の理由のため新しい装置を追加するのは時々難しいです。あなたのネットワークを広げるために容易にZB-2550/ZB-2551を既存のシステムに追加することができます。
ZT-2510をリピーターとして使用
 高度な無線のアプリケーションにおいて、リピータとメッシュが、よりフレキシブルで信頼できるネットワークを造るのに必要です。
 2台の無線の装置の間に位置するかもしれない障害を避けるか、または放送範囲を広げるのにZB-2510を使用することができます。
ZT-2570、ZT-2571 & ZT-2510をメッシュネットワークに使用
 メッシュの特徴はワイヤレストランスミッションのために最も重要な機能です。
 ワイヤレストランスミッションは湿度、温度、天気、および障害などで大いに影響を受けます。
 メッシュネットワーク形態が、特に産業環境へのそのような干渉に打ち勝つのに必要です。 メッシュ位相を使用する利益は以下に示されています:
◎メッシュネットワークが新しいノードを発見したとき、自動的にそれを現在のネットワークに組み入れる
 でしょう。

◎ノードが誤動作すると、メッシュネットワークは、別のノードを使用することで交互の経路を通してデータ
 を転送するでしょう

追加リピータノードをあなたのネットワークに追加するのは、各ノードにはトランスミッション
 のための
2つ以上の可能な経路があるのを可能にします。 また、それは、冗長が他のタイプのシ
 ステムよりはるかに簡単な方法でシステムに組み入れられるのを許容します。
ZT-2570 & ZT-2571とICPDAS 7000 シリーズ
・P2Mピアーツマルチ
ZT-2570とICPDAS ZT-2000 シリーズ
ジグビー製品