セレクションガイド
 Mバス(「メーターバス」)はガスメーター、熱メーターまたは他の電力量計のリモートリードのための欧州規格です。このバスはバッテリーの駆動システムか特別なリモートパワーの要求を実現させます。消費者計器、様々なセンサー、および作動装置を含んでいます。ネットワークシステムに査問されると、メーターは一般的なマスターへの計測データを提供します。(それは、例えば建築物のすべての需給計器を読むために周期的な間隔で、接続されたハンドヘルドコンピュータであるかもしれません)。 資料収集の変法は、モデムを通して検針を中心に伝えることです。
 
Mバス(メーターバス)
 熱メーターのリモート読み取りのための動電気のインタフェースとしての標準化で、このバスはエネルギー産業のために関連ユーザとしてかなりの重要性を得ます。
 
 需給計器の読み取りは異なった方法で行うことができます、古典的方法(プロバイダーの人員による手動の読み取り)で完全な一軒家にすべてのメーター値の遠隔操作収集まで始まって。 後者は、消費メーターの技術的な発生の論理的な継続/拡大であり、Mバスの助けで実現可能です。
 低コストでトランスミッション媒体に関して大規模なバスネットワークがわかるために、2線式のケーブルはシリアルデータ転送と共に使用されました。 スレーブをリモート動かすことを許すために、バスのビットは以下の通り表されます: ビットのマスターからスレーブまでの転送は電圧レベル・シフトによって実行されます。 論理的な「1」(マーク)はマスターの一部であるバスドライバー(リピータ)の出力のときに+36Vの公称電圧に対応します。 出力のときに論理的な「0」(スペース)を送るとき、リピータはバス電圧を12Vから名目上の+24V低下させます。 スレーブからマスターまで方向に送られたビットは、スレーブの経常消費を調節することによって、コード化されます。 最大1.5mAの一定(電圧、温度、および時間に対する)の電流、および増加する現在の排水要件による論理的な「0」(スペース)によって論理的な「1」は追加11-20mAの奴隷によって表されます。 ことによるとインタフェースとメーターかセンサー自体を動かすのにマーク州の電流を使用できます。
Mバスケーブル長とメーター数リスト
Meter Num. Max. Distance Total Cable Length Cable Data Rate
64 350 m <= 1 km 0.5 mm2 38400 bps
64 350 m <= 4 km 0.5 mm2 9600 bps
64 1000 m <= 4 km 0.5 mm2 2400 bps
64 3000 m <= 5 km 1.5 mm2 2400 bps
250 350 m <= 1 km 0.5 mm2 9600 bps
250 350 m <= 4 km 0.5 mm2 2400 bps
 2線式の標準電話ケーブルはMバスにトランスミッション媒体として使用されます。スレーブとリピータの間の最大距離は350mです。この長さは29Ωのケーブル抵抗に相当します。この距離は最大250スレーブと300bpsと9600bpsの間の標準構成ボーレートに適用しています。最大距離はボーレートを制限してより少ないスレーブを使用することによって増加できますが、スペース状態のバス電圧は12V未満のセグメント低下のどんなポイントでも増加してはいけません、スレーブをリモート動かすので。