セレクションガイド
J1939シリーズ
 J1939は元々合衆国の車と頑丈なトラック産業で乗り物の部品の中でコミュニケーションと診断に使用される乗り物のバス規格です。
 乗り物に適用して成功のため、J1939は建設機械、マテリアルハンドリング、林業機械の様なアプリケーションでオフハイウエーマシンの為選択の産業標準と移動体ネットワーク技術を受け入れる様になりました。
 それはマイクロプロセッサシステムのシリアルデータコミュニケーション(ECU)をどんな種類の頑丈な車にも供給するController Area Network(CAN)に基づく上位層プロトコルです。
 これらのユニットの間で交換されたメッセージは乗り物の道路速度やトランスミッションからエンジンまでのトルク制御メッセージや油温やずっと多くなどのデータであるかもしれません。
 すべてのJ1939パケットが8バイトのデータとメッセージの29ビットの識別子に埋め込まれているPGN(Parameter Group Number)と呼ばれるインデックスを含む標準のヘッダーを含んでいます。
 PGNはメッセージの機能と関連データを特定します。
 J1939は、さまざまな自動車のそして農業の海兵隊員とオフロード車目的を包含するように標準のPGNsを定義するのを試みます。
 さまざまなPGNs(00FFFFを通して(十六進法)的そして包括的な00FF00(十六進法))が独占使用のために予約されます。
 PGNsはユニークなデータのために定義された可変数のSPN要素で作られるデータを定義します。例えば、エンジンRPMのための事前に定義されたSPNは存在しています。
 J1939はCANバスの上で交信する3つのメソッドを使用します。目的地の特定のコミュニケーションは、データを送って受け取るのにPDU1(プロトコルData Unit1)形式を使用します。
 PDU1形式は特定のECU(CAN Node)に向けられるべきメッセージを許容します。送付先アドレスはCAN PDU1 CANフレームに含まれています。
 放送Communicationsは複数のノードにメッセージを送るのにPDU2(プロセスData Unit2)形式を使用します。 PDU2メッセージ・フォーマットはノード番号に従ったメッセージ番号を特定します。ECUのものを受けるこれらのアプリケーションでは特定のメッセージのためにCANバスをモニターしてください。
Fuel TemperatureとFuel Pressureを含むPDUsを待つバスをモニターするとき例えばディスプレイ装置は他のすべてのメッセージを無視するかもしれません。
・CANバスの最上層プロトコルがベース
・スピードは常時250Kbit/s近く
・CAN2.0Bの29ビット識別
・頑丈な乗り物に使用
・ピアツーピアと放送通信
・1785データバイトまでの転送プロトコル
・ネットワーク管理
・パラメーターグループの定義