セレクションガイド
 ハート(Highway Addressable Remote Transducer)プロトコルは図に示すように4-20mAのループカレントにディジタル通信信号を上に重ねるのにベル202Frequency Shift Keying(FSK)規格を使用します。
 ハートはホストアプリケーション(マスター)がスマートフィールドデバイスからデジタル情報を送るか受け取るのを考慮し4-20mAでインターフェイスし割り込みなしで1200bpsで交信します。
 4-20mAの信号はプライマリ測定値を伝えます--最も速くて最も信頼できる業界基準。
 ディジタル信号はデバイス状態、診断、追加測定されたか計算された値などを含む付加装置情報に使用できます。
 したがってハート通信はアナログとデジタル情報を含んで使用しやすくて構成しやすく安価、非常に強健で完全フィールドコミュニケーションソリュ−ションを提供します。
 ハートはマスター(プライマリーとセカンダリー)とハンドヘルドの様なセカンダリーマスターはハートバスのモニタ/制御情報に使用出来る2つまでを提供するマスター/スレーブプロトコルです。
 スマート現場計器と集中管理か監視システムからの/への二地点間のまたはマルチドロップで交信するために情報などの様々なモードでハートを使用できます。
 これは2つの主なハートオペレーションモードの記述です。
(1)ピアツーピアモード(アナログ/デジタル)
 同時にこのモードでアナログとデジタル情報を伝えることができます。ともに、4-20mA電流とディジタル信号はハート器具からの有効な出力値です。
 ハート器具のポーリングアドレスは「0」になるようにセットしなければなりませんそして1個だけのハート器具はハートバスに載せることができます。
 単一のスレーブ・デバイスが絶え間なく標準のハート応答メッセージを放送できる任意の「バースト」コミュニケーションモードはピアツーピアに使用されて構成とより高いアップデート率が可能であるということであるかもしれません。
(2)マルチドロップモード(デジタル)
 このモードではディジタル信号しか使用できません。そしてアナログリープ電流は4mAで固定されています。
 ハートバス上に最大15個の器具を持たすのは可能です。
 器具のポーリングアドレスは1〜15であるかもしれません。そして各器具はユニークなアドレスを必要とします。
・比較的分かり易い、使用、ハートプロトコルは追加情報(変数、診断、較正など)の豊富なアクセスを提供
 します。
・ハートは洗練されたフィールドコミュニケーションのためリスクの無いソリューションです。
・標準4-20mA結線に互換
・デジタルデータの同時転送
・高精度で強健なプロトコルを通したリスク削減
・工場の有用性を含む