セレクションガイド
 CANバスに基づくDeviceNetは産業オートメーションのための装置レベルのネットワークの世界のリーダの1つです。
 事実上、エンドユーザー40%以上が他のネットワーよりもデバイスネットを選ぶのは独立産業分析レポートによって調査されています。
 ICPDASは数年の間、CANベースのDeviceNetプロトコル製品を開発しています。
 PCIインタフェースカード、ゲートウェイ、DeviceNet IOおよびICPDASのPACs-WinCon /WinPAC/LinCon/I-8K DeviceNetモジュールを含んでいます
 また、我々はお客様の様々なCANopenネットワークの技術的問題を解決するのをサポート致します。
 さらに、我々はユーザーにDeviceNetの解決法を提供することができます。また、ICPDASは世界中にDeviceNetの会議、展示会、およびトレーニング・コースを持っています。
事前定義マスターとスレーブ接続セット
IDENTIFIER BITS
IDENTITY HEX
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
0
Group 1
Message ID
Source MAC ID
Group 1 Messages
0
1
1
0
1
Source MAC ID
Slave’s I/O Change of State or Cyclic Message
0
1
1
1
0
Source MAC ID
Slave’s I/O Bit-Strobe Response Message
0
1
1
1
1
Source MAC ID
Slave’s I/O Poll Response Message
1
0
MAC ID
Group 2
Message ID
Group 2 Messages
1
0
Source MAC ID
0
0
0
Master’s I/O Bit-Strobe Command Message
1
0
Source MAC ID
0
0
1
Reserved of Master’s Use -- Use id TBD
1
0
Source MAC ID
0
1
0
Master’s Change of State/Cyclic Acknowledge Message
1
0
Source MAC ID
0
1
1
Slave’s Explicit Response Messages
1
0
Destination MAC ID
1
0
0
Master’s Connected Explicit Request Messages
1
0
Destination MAC ID
1
0
1
Master’s I/O Poll Cmd/Cha of State/Cyclic Message
1
0
Destination MAC ID
1
1
0
Group 2 Only Unconnected Explicit Request Messages
1
0
Destination MAC ID
1
1
1
Duplicate MAC ID Check Messages
デバイスネットメッセージグループ
IDENTIFIER BITS
IDENTITY USAGE
HEX RANGE
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
0
Group 1
Message ID
Source MAC ID
Group 1 Messages
000-3ff
1
0
MAC ID
Group 2
Message ID
Group 2 Messages
400-5ff
1
1
Group 3
Message ID
Source MAC ID
Message Group 3
600-7bf
1
1
1
1
1
Group 4 Message ID
Group 4 Messages
7c0-7ef
 2つのメモリ領域「入力領域」および「出力領域」が存在しています。
 すべてのデバイスネットスレーブの入力データは「入力領域」にデバイスネットマスタースキャンエンジンによって格納されるでしょう。
 反対にそれらのデバイスネットスレーブの出力データは「出力領域」にあるでしょう。
 以下の図を参照してください。
 ユーザーはPISO-DNM100UやI-8124Wのようなデバイスネットマスターモジュールの「入力領域」から大量のデータを読むことができます。この大量のデータは複数のデバイスの入力状態を含んでいます。
 リモートデバイスネットスレーブの入力状態の1つが変化するなら「入力領域」に位置する対応するデータはすぐに変化するでしょう。
 反対に、「出力領域」は複数のデバイスの出力データを含んでいます。 ユーザーは、「出力領域」に位置する対応するデータを変えることによって、あるデバイスの出力値を変えるかもしれません。