アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
CAN-8823 CANopenリモートI/Oユニット、8 I/O拡張スロット付き CAN-8823

CANopenリモートI/Oユニット、8 I/O拡張スロット付き
   
 CANopen通信プロトコルの種類は知的なフィールドバス(CANバス)に基づいています。それは非常にフレキシブルな構成能力があるエンベデッドネットワークの標準化として開発されました。それはリアルタイムのデータ(Process Data Objects、PDO)、コンフィギュレーション・データ(Service Data Objects、SDO)、ネットワークマネージメントデータ(NMT message, and Error Control)、および特殊関数(Time Stamp, Sync message, and Emergency message)の標準化されたコミュニケーションオブジェクトを提供します。この頃はCANopenは医療機器、オフロード車、海のエレクトロニクス、公共輸送、ビルディングオートメーション、など多くの様々なアプリケーション分野で使用されます。
 CAN-8823主制御装置はCANopenプロトコルのスレーブ・デバイスのために特別に設計されています。
 CANopen Spec DS-301 V4.02とDSP-401 V2.1に続いてダイナミックPDO、EMCYオブジェクト、エラー出力値、SYNC周期的で非循環などユーザーに多くの特徴が提供されています。
 よりフレキシブルな入出力チャンネルを広げるために、CAN-8823は8スロットが入出力拡張のための(s)であるとサポートします、そして、多くのICPDAS DI/AI/がある訴訟は/AOスロットモジュールをします。
 I/Oチャンネルはもっと自在に拡張できます。CAN-8823はI/O拡張と数多くのICPDASのDI、AI、DO、DIスロットモジュール用に8個のスロットをサポートしています。
 ユーザーはカスタマイズされた実際のアプリケーションに合うようにI-87KシリーズかI-8000シリーズのDI、AI、DO、DIモジュールを選ぶことができます。
 またさらに私たちはユーザーがダイナミックにEDSファイルを作成するのを考慮してユーティリティツールを提供します。
 EDSファイルはCANopen SP306と異なったCANopenマスターインターフェースと互換に基づいています。
 アプリケーション構造は以下のイメージです。
CAN-8823 CANopenリモートI/Oユニット、8 I/O拡張スロット付き
・産業用機械
・研究室の装置
・レストラン
・海洋装置
・医用
・移動体
 CAN-8423は本体に差し込まれたI-8K/I-87KのIOモジュールを自動的にスキャンしこれらのモジュールを特定のアプリケーションに割り当てられます。
 ユーザーがCANopenアプリケーションでCAN-8423を適用する前にCAN-8423の デバイスオブジェクト辞書とCANopenアプリケーションとの関係を理解しなければなりません。
 また、私たちはユーザーがAI/AOモジュールの構成やいくらかのCANopen通信パラメータ、Rx、Tx PDOマッピング、エラー制御、デバイスオブジェクト辞書の設定を考慮してユーティリティーツールを提供します。
 ユーティリティが構成を終えた後にそれはCAN-8423デバイスの接続ためのEDSファイルを作成するでしょう。
  その上CAN-8423のEDSファイルはアプリケーションの為には必要無くユーザーは汎用DI/DO/AI/AOの初期設定を使用できます。
 そしてユーザーはノードIDと本体のロータリースイッチでボーレートの設定をするだけです。
 そして結線とCAN-8×23の電源を入れた後に通常それはCANopenプロトコルを通してCANバスネットワークに取り組むことができます。
CAN-8823 CANopenリモートI/Oユニット、8 I/O拡張スロット付き
CANopenプロトコルでCAN-8823の使用方法を以下に簡単なステップで示します。
NMT Slave
Error Control Node Guarding and Heartbeat Producer protocol
No. of PDOs 16Rx , 16Tx
PDO Modes Event Triggered, Remotely requested, Cyclic and acyclic SYNC
PDO Mapping Avaiable
No. of SDOs 1 server, 0 client
Emergency Message yes
CANopen Version DS-301 v4.02
Device Profile DSP-401 v2.1
Baud Rate Setting by Rotary Switch 10K, 20K, 50K, 125K, 250K, 500K, 800K, and 1Mbps
Node ID setting by Rotary Switch yes
Produce EDS file Dynamically yes
ERR, RUN,and PWR LED yes
Type
I-8K Series I/O
I-87K Series I/O
Type
I-8K Series I/O
I-87K Series I/O
High Profile
High Profile
High Profile
High Profile
AI module
I-8017HW
I-87005W
DI module
I-8040W
I-87040W
I-8017HS
I-87013W
I-8040PW
I-87040PW
 
I-87015W
I-8046W
I-87046W
 
I-87015PW
I-8048W
I-87051W
 
I-87016W
I-8051W
I-87052W
 
I-87017W
I-8052W
I-87053W
 
I-87017W-A5
I-8053W
I-87053PW
 
I-87017RW
I-8053PW
I-87053W-A5
 
I-87017RCW
I-8058W
I-87053W-AC1
 
I-87018W
 
I-87053W-E5
 
I-87018RW
 
I-87058W
 
I-87018ZW
 
I-87059W
 
I-87019RW
 
 
DO module
I-8037W
I-87041W
AO module
I-8024W
 
I-8041W
I-87057W
 
I-87024W
I-8041AW
I-87064W
 
 
I-8056W
I-87065W
DI & DO module
I-8042W
I-87054W
I-8057W
I-87066W
I-8050W
I-87055W
I-8060W
I-87068W
I-8054W
I-87063W
I-8064W
I-87069W
I-8055W
 
 
 
I-8063W
 
 
 
 
 
I-8068W
 
Counter module
I-8084W
 
I-8069W
 
PWM module
I-8088W
 
ハードウェア
CPU 80186, 80 MHz か互換
SRAM/Flash/EEPROM 512 KB / 512 KB / 2 KB
NVRAM 31 バイト (バッテリーバックアップ、データ有効10年)
RTC (Real Time Clock) Yes
ウオッチドック ウオッチドック IC
拡張スロット 8 スロット
CAN インターフェイス
コントローラー NXP SJA1000T で16 MHz クロック
トランシーバー NXP 82C250
コネクター 5ピンネジ端子台 (N/A, CAN_L, CAN_SHLD, CAN_H, N/A)
ボーレート (bps) 10 k, 20 k, 50 k, 125 k, 250 k, 500 k, 800 k, 1 M (ロータリースイッチで)
伝送距離 (m) ボーレートによる (例、50 kbpsで最大1000 )
絶縁 DC-to-DCは3000 Vdc、フォトカプラーは 2500 Vrms
ターミネータ抵抗 120 Ω ターミネータ抵抗はジャンパー
仕様 ISO-11898-2, CAN 2.0A
プロトコル CANopen DS-301 ver4.02, DS-401 ver2.1
UART インターフェイス
COM 1 RS-232 (構成用)
LED
ラウンド LED PWR LED, RUN LED, ERR LED
電源
電源 非安定 +10 ~ +30 VDC
メカニズム
寸法 188mm x 312mm x 91mm (W x L x H)
環境
動作温度 -25 ~ 75 ℃
保存温度 -30 ~ 80 ℃
湿度 10 ~ 90% RH, 結露無し
CAN-8823-G CANopen リモート I/O ユニット、8 拡張スロット付き
4PCD-002
EMI Ferrite Split/Snap-On Core
M12A-5P-IP68
Field-Installation A-coded 5-pin Female