アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
PISO-CM100U-D 単独インテリジェントCANコミュニケーションボード

PISO-CM100U-D
PISO-CM100U-T 単独インテリジェントCANコミュニケーションボード

PISO-CM100U-T
単独インテリジェントCANコミュニケーションボード
 
 CAN(Controller Area Network)はシリアル通信プロトコルで非常に高いレベルのセキュリティで効率的に分配された実時間制御をサポートします。
 それはシステムか部分系統の中でセンサや作動装置と同様に「知的な」デバイスをネットワークでつなぐのに特に適しています。
 CANネットワークでは、加入者かステーションについてこれまで一般に使われてきた意味で扱ってはいけませんが、代わりに最優先しているメッセージは送られます。
 ICPDASはCANバス-PISO CM100にオープンアーキテクチャプラットホームを提供します。
 PISO-CM100はさまざまなCANアプリケーションをカバーしていてCAN x1チャンネルを持つアクティブCANボードで非常に強力で経済的解決を示すことができます。
 16ビットのマイクロコントローラーを搭載し、他の多くの特徴の中でCANメッセージのリアルタイムの伝達と同様にCANメッセージのフィルタリング、前処理、および格納(タイムスタンプがある)を許します。
 また、PISO-CM100は新しいフィリップスSJA1000Tとトランシーバ82C250/251を使用し、自動修正、誤り検出、再トランスミッション機能、バス調停を提供します。
 強力なマイクロコントローラーの効果の下でこのカードは高負荷バスのシステムでもデータロスの無い1個のCANコントローラーにすることができます。
 加えてインテリジェンス機能を統合した装置でPIO-CM100はCANデータストリュームの前処理を可能にしその結果かなりの負担をPCから取り除きます。
 その結果PCアプリケーションに関するリアルタイムの要件は抜本的に減らされます。
 最先端のため5Vの32ビットのPCIバススロットにインストールできおよび真のプラグアンドプレーをサポートしています。
 さらにユーザーは、PISO-CM100ライブラリを使用することによってユーザー自身でCANアプリケーションを開発できます。
 PISO-CM100がアクティブでCANバスファームウェアとユーザーアプリケーションの間でデータ交換をするとき、PISO-CM100のメモリーマッピング手法でで実行されます
単独インテリジェントCANコミュニケーションボード
・CANバス通信アプリケーション
・DeviceNet、CANopen、CAN J1939、SDS(システムワイドネットワーク)プロトコルアプリケーション
・コントロールシステム、ビルディングオートメーション、ファクトリーオートメーション、データー収集
コンクリートプラントのモニターとコントロールシステム(繁体語)
・PCIエクスプレスインターフェース
・CAN2.0AとB互換
・ISO 11898-2標準完全互換
・CANボード10Kから1Mbpsまでサポート
・CAN側を2500Vrmsホトカプラー絶縁
・33MHz、32ビット、x1 PCIエクスプレスバス
・120Ωターミネーター抵抗は内蔵ジャンパーで設定
・3KVガルバニック絶縁
・2独立CANチャンネル
・CANコントローラーに直接メモリーマッピング
・VB、VC++、Delphi、BC++ demosを提供
・LabView/DASYLab ドライバー
・Winndows 98/ME/NT/2K/XPのドライバーをサポート
単独インテリジェントCANコミュニケーションボード
The PM-213x-CAN series power meter provides the CAN bus interface for users to easily gather the real-time power consumption information in their CAN applications. The PM-213x-CAN provides the Auto-Response mode which responses messages at regular intervals automatically. It makes the communication more efficient when collecting a lot of remote power information. The polling mode offers the precise information of every step required by the monitors. In addition, the PM-213x-CAN also owns the arbitration mechanism which can avoid data collision and error detection.
CAN bus Features:
  • NXP TJA1042 CAN transceiver
  • Follow CiA CAN 2.0B specification
  • Support Auto-Response mode and Polling mode
  • Support baud rate 125 kbps, 250 kbps and 500 kbps
  • Support up to 255 nodes on the CAN network
  • 2500 Vrms isolation on CAN port
  • 4 kV ESD protection on CAN port
  • CAN bus provides better capability in noise suppression
  • Support arbitration mechanism to avoid collision
  • Support error detection and error correction on CAN bus
PC based Solution
ICP DAS has been developing various CAN products for several years, including PCI interface, converter, uPAC and slot module CAN products. In addition, we can provide CAN bus solution for our customers. Applying the PM-213x-CAN into the PC based system, the user could use general CAN converter or PCI CAN boards. Nowadays, the PISO-CM100U with power meter firmware inside would be the better choice. The power meter firmware manages all the PM-213x-CAN power meters and collects all power data automatically. We provide the development API and management utility which is shown as the following picture.
Test development:
  OS:Windows XP SP 3
  CPU:Intel Core 2 Duo 2.00 GHz
  RAM:512 MB
Baud Rate(bps)
CAN 2.0 A
CAN 2.0 B
Frame per sec.
Frame per sec.
1000 k
7502
6589
800 k
6188
5258
500 k
4097
3451
250 k
2140
1801
125 k
1098
920
50 k
440
371
20 k
176
148
10 k
88
74
Note:The test result is the average value of receiving 100000 CAN messages.

Windows Drives:

 ・Development Toolkit for Windows 2000/XP/7(X32)
 ・Demos for VC++, VB and BCB
Windows Tools:
 ・CANUility (Include send/receive CAN messages, message ID filter, data format transformation
  messages recoder and firmware update functions)
 ・Debug tool
MiniOS7 Tools:
 ・C/C++ Library for RTC, EEPROM, LED, DPRAM, CAN controller and timers control functions
 ・Demos for TC, TC++, BC and BC++
IndoSoftは有名で高性能SCADAのひとつです。 現今のである、それはすべてのcorespondingコンバーターかマスターシリーズ製品のためにCAN、CANopen、およびDeviceNetドライバーをサポートします。
Model Name PISO-CM100-D PISO-CM100-T PISO-CM100U-D PISO-CM100U-T
ハードウエア
CPU 80186, 80 MHz or compatible
SRAM/Flash/EEPROM 512 KB / 512 KB / 16 KB
DPRAM 8 KB
NVRAM 31 bytes (バッテリーバックアップデータ、10年)
RTC (Real Time Clock) Yes
バスインターフェース
タイプ PCIバス、V、33MHz、32ビット、プラグ&プレー ユニバーサルPCI、3.3Vと5V、33MHz、32ビットプラグ&プレー
ボード番号. DIPスイッチによる
CAN インターフェース
コントローラー NXP SJA1000T with 16 MHz clock
トランシバー NXP 82C250
チャンネル数 1
コネクター 9ピンオスD-Sub 5ピンスクリューターミナルブロック 9ピンオスD-Sub 5ピンスクリューター
ミナルブロック
ボーレート (bps) 10 k, 20 k, 50 k, 125 k, 250 k, 500 k, 800 k, 1 M (ユーザー定義ボーレート可)
絶縁 1000 VDC for DC-to-DC, 2500 Vrms for photo-couple 3000 VDC for DC-to-DC, 2500 Vrms for photo-couple
ターミネーター抵抗 120 Ωターミネーター抵抗はジャンパー
LED
丸形 LED Rx/Tx LED, ERR LED
電源
消費電力 300 mA @ 5 V
ソフトウェア
ドライバー Windows 2K/XP/7(X32)
ライブラリー VB 6.0, VC++ 6.0, BCB 6.0, Delphi 4.0
メカニズム
寸法 138mm x 22mm x 92mm (W x L x H) 138mm x 22mm x 105mm (W x L x H)
環境
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH、結露無し
PISO-CM100-D インテリジェント CAN インターフェース絶縁保護CAN通信ポート x1、9ピンD-subコネクターPCIバス
PISO-CM100-T インテリジェント CAN インターフェース絶縁保護CAN通信ポート x1、5ピンスクリューターミナルブロックPCIバス
PISO-CM100U-D インテリジェント CAN インターフェース絶縁保護CAN通信ポート x1、9ピンD-subコネクターユニバーサル PCバス
PISO-CM100U-T インテリジェント CAN インターフェース絶縁保護CAN通信ポート x1、5ピンスクリューターミナルブロックユニバーサルPCIバス
CNT-CAN
CAN bus Connector
CA-0910-C
9-pin Female D-sub & 3-wire CAN bus cable (1M)
SG-770
7/14 channel Surge Protector
4PCD-002
EMI Ferrite Split/Snap-On Core
M12A-5P-IP68
Field-Installation A-coded 5-pin Female