アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
PISO−CAN800U−D 8ポート絶縁保護ユニバーサルPCIバスCANコミュニケーションカード PISO−CAN800U−D 

8ポート絶縁保護ユニバーサルPCIバスCANコミュニケーションカード
         
  CAN(Controller Area Network)はシリアル通信プロトコルで非常に高いレベルのセキュリティーで効率的に分配された実時間制御です。システムかサブシステムの中でセンサーやアクチエーターを初めとしたインテリジェンスデバイスをネットワークに接続する。CANネットワークは、従来の意味の加入者やステーションアドレッシングは有りませんが代わりに最優先のメッセージは送られます。スタンドアロンCANコントローラーとしてPISO-CAN800U-DはアクティブCANボードの経済的解決を提供します。8個の独立CANバス通信ポートを持っており、それはCANアプリケーション広い範囲をカバーする能力を持っています。そのうえPISO-CAN800U-Dは新しいCANコントローラーフィリップスSJA1000TとトランシーバーTJA1042を使用、これは自動修正と再トランスミッション機能を持ちバスアビテーション、エラー検出を行います5V PCIバスにプラグアンドプレーでインストール出来ます。
8ポート絶縁保護ユニバーサルPCIバスCANコミュニケーションカード
・デバイスネット、CANopen、CAN J1939、SDS(System Wide Network)プロトコルアプリケーション
・CANバス通信アプリケーション
・インダストリーオートメーション、コントロールシステム、分散型データ収集
ヒューマノイドロボットコントロールシステム(繁体語)

ヒューマノイドロボットコントロールシステム(英語)
・8つのCAN通信ポート
・CAN仕様2.0Aと2.0Bに準拠
・オプティカル絶縁保護はオンボード
・プログラマブル転送レートは1Mbps
・CANバスを2500Vrmsフォトカプラー絶縁
・各ポートの120Ωターミネーターはジャンパー設定
・CANコントローラにメモリーマッピングで直接
・33MHz 32bit 5V PCIバス(V2.1)プラグアンドプレー
8ポート絶縁保護ユニバーサルPCIバスCANコミュニケーションカード
8ポート絶縁保護ユニバーサルPCIバスCANコミュニケーションカード
 RTXシステムを適用するためにユーザーを満足さすために、ICPDASはPISO-CANシリーズCANカードにRTXドライバーを供給します。
 ユーザーがそれらの時間クリティカル・システムのCAN通信インターフェースを結合したいなら、PISO-CANシリーズCANカードのRTXドライバーはそれらが簡単にすぐにこれをするのを助けることができます。
 その上RTXドライバーのAPIの名前とパラメタはWindowsドライバーと同じです。
 以前Windowsドライバーを使用したことがあるなら、ユーザーはどうRTXドライバーのAPIを使用するかを研究するための、より多くの努力を支払う必要はありません。
 RTXドライバーはPISO-CANシリーズCANカードの追加価値を増加させ高度なリアルタイムのシステムを手に入れるためにユーザーを満足させます。
 高価な性能と高いリアルタイムの特徴のためPISO-CANシリーズCANカードはもっと広範囲にもっと様々なCANアプリケーションに適用できます。
特徴:
1.RTXドライバーのAPIの名前とパラメーターはWindowsドライバーでそれらと同じです。 彼らが以前
  PISO-CANシリーズCANカードを使用したことがあるならユーザーは新しい用法を学ぶ必要はありません。
2.PISO-CANシリーズCANカードは独立したIRQを手に入れることができるならそれは中断機能を
  サポートします。
3.ダイレクト入出力コントロールと高いリアルタイム性が特徴
4.Windows 2000 SP4、XP SP2をサポート
5.RTXバージョン8.0以降をサポート
リアルタイムテスト
・プラットフォーム:Windows XP SP2 + PEX-CAN200i
・デバイス:I-7186EXD-CANとMiniOS7(シングルトラッキングOS)
・送信と受信10000 CAN2.0B 8バイトメッセージ。
 SocketCANはリナックス・オペレーティング・システムに基づいています、そして、それはネットワークスタックとハードウェア・ドライバーの実現インタフェースを含んでいます。
 ハードウェアメーカーはSocketCANのためにハードウェア・ドライバーをプログラムします、そして、ネットワークスタックは標準のBSD Socket APIをユーザーに提供します。
 したがって、ユーザーの観点から、SocketCANネットワークスタックを通して異なったハードウェア・インタフェースの様々なAPIになじみ深くなくて彼らは自分達のアプリケーションを簡単にすぐにプログラムできます。
 私たちは数種類のCANインタフェースカードにSocketCANドライバーを供給しました。
 ユーザーはこれらのカードを使用することによってリナックスプラットホームでSocketCANベースのアプリケーションを実装することができます。
 またそのうえ私たちはx86ハードウェアプラットホームでCANopen/DeviceNetマスターの静的なライブラリをサポートします。
 ユーザーがより容易にCANopen/DeviceNetスレーブとコミュニケートするを助けることができます。
特徴:
・リナックスカーネルバージョン2.6.31〜2.6.34 (x86 hardware platform only)をサポート
・CANopen/DeviceNetマスタースタティックライブラリーを提供
・SocketCANパッケージの標準インターフェース。ユーザーは拡張BSDソケットAPIsを使用出来ます。
 ユーザーはソケットプログラムでCANアプリケーションの構築をプログラム出来ます。
・バーチャルCANインターフェースをサポート。ユーザーは1個の物理CANポートに幾つかのバーチャル
 CANポートマップ出来ます。
・RAWソケット、CANopenマスター、およびDeviceNetマスターデモを提供。
・経済的なアプリケーション最適な価格
ノート:
 Hardware platform:Intel(R) Core(TM)2 CPU 6320 @ 1.86GHz, DDR2 667MHz 1.5GB
 Software platform:Kernel-2.6.32, Distro- Debian GNU/Linux 5.0
・CANカードがあるCANシステム・モニタツールであることができます。
・CANシステムをテストするに良いツールです。
・CANメッセージの送信/受信/記録
・サイクリック伝送機能
・フイルティッドIDとタイムスタンプのCANメッセージの記録
・2000/XP/7をサポート
 NI LabVIEWと共にCANネットワークにPISO-CAN800U-Dを適用するために、私たちはLabVIEW7/7.1ツールキットを提供します。
 それはPISO-CAN800U-Dを使用してNI LabVIEW環境でCAN関連アプリケーションを開発するのに役立つツールです。
 それは使い易くユーザーがプログラム開発サイクルを短縮し素早くするのをを助けます。
 ユーザーがCANネットワークと共にLabVIEWの産業応用を開発したいなら、LabVIEW CANのドライバーは非常に助けになります。
CAN LabVIEWツールの特徴:
・拡張アビトレーションIDをサポート
・デバッグレシーブモードをサポート
・出力のスタートバイト
・LabVIEW 7/7.1をサポート
・スケーリングレンジ選択
・2カ国語:ドイツ語と英語
・データレート(ボー)の選択:10K、20K、50K、125K、 250K、500K、800K、1M、とユーザ指定
 容易にCANopenプロトコルをPISO-CAN200/400に適用するために、私たちは2つのCANopenアプリケーションツールを提供します。(ツールはCANopenライブラリとCANopen診断応用ツールです)。
 ユーザーがCANopenプロトコルで産業用アプリケーションを開発したいならCANopenライブラリーはCANopenプロトコルの特徴を持ったCANopenデバイスのPISO-CAN200/400を応用することは非常に有用です。
 そのうえCANネットワークにおけるCANopenメッセージのモニターと診断を考えられているなら、この目的を達成するのにCANopen診断的適用ツールを使用できます。
CANopenアプリケーションツールの特徴:
・DS301バージョン4.02追従
・CANopenスレーブデバイスの自動検出
・I/Oモニター
・ダイナミックPDO
・NMTマスター
・ガード、ハートビートプロトコルとSYNCメッセージ
・データレート(ボー)の選択:10K、20K、50K、125K、 250K、500K、800K、1M
 
 DeviceNetは簡単な産業デバイス(センサー、アクチエーター)とより高レベルなデバイス(コントローラー)との接続を提供する下位のネットワークです。
 オーガナイズされたノード間をピアツーピアでデーター交換されるように考慮されています。
 PISO-CAN200/400による特定のDeviceNetアプリケーションを開発するユーザーの為に私たちはDeviceNetライブラリを提供します。
 またさらに私たちはCANネットワークを通してDeviceNetメッセージをモニターして診断するためにDeviceNet診断応用ツールを提供します。
 DeviceNetスレーブの制御と分析をデバイスネット通信プロトコルに提供します。
デバイスネットアプリケーションツールの特徴:
・デバイスネットスレーブデバイスの自動検出
・I/Oモニター
・メッセージモニターと診断
・UCMM能力デバイスをサポート
・マスター/スレーブ接続セットの事前定義をサポート
・データレートの選択(ボー):125K、250K、500K
デバイスネットマスターX-Serverの特徴:
テスト環境:
 OS:Windows XP SP3
 CPU:Intel(R) Core(TM) i3 CPU 550 @ 3.20GHz
 RAM:1.8GB

1/2/4/8CANポートは送信、同時に10万CANメッセージの送信か送受信。平均したFPS値は以下に示されています:
Baud rate (bps) 1-CAN Port 2-CAN Port
2.0A, 8 bytes data 2.0B, 8 bytes data 2.0A, 8 bytes data 2.0B, 8 bytes data
TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec)
10K 88 88 43 73 73 37 44 88 43 37 73 37
20K 176 176 87 146 146 75 88 176 87 73 146 75
50K 440 441 218 365 367 188 218 441 213 181 367 184
125K 1088 1104 537 899 917 461 523 1104 509 436 917 432
250K 2100 2208 1025 1745 1834 882 984 2208 935 832 1834 804
500K 3975 4414 1856 3305 3668 1612 1739 4414 1769 1528 3667 1492
800K 5930 7008 2787 4950 5830 2355 2501 6701 2609 2096 5825 2226
1M 7129 8722 3216 5926 7257 2820 2879 8716 3023 2506 7259 2650
Baud rate (bps) 4-CAN Port 8-CAN Port
2.0A, 8 bytes data 2.0B, 8 bytes data 2.0A, 8 bytes data 2.0B, 8 bytes data
TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec) TX (FPS) RX (FPS) TX/RX (Times/Sec)
10K 22 88 22 18 73 19 11 88 11 9 73 9
20K 44 176 44 36 146 38 22 176 22 18 146 19
50K 109 441 108 91 366 93 54 441 54 45 367 46
125K 265 1103 257 221 916 222 132 1103 129 110 916 111
250K 505 2205 492 424 1832 424 254 2205 243 221 1832 208
500K 903 4409 917 782 3664 783 447 4408 435 385 3662 383
800K 1365 7010 1317 1161 5546 1150 639 4905 637 553 3903 569
1M 1598 8691 1541 1385 6901 1359 757 4903 795 658 3905 673
アイテム 説明
これはCANバスパワーメーター(PM-213x-CAN)単位でソフトウェアソリューションです。 CANバスを通して分散電力情報を集めるのは、便利です。
これはLabVIEW、iFix、DASYLab、などのようなすべてのSCADAのためのOPCサーバーです。 OPCサーバー、ユーザーを使用する、有名なSCADAを通してあらゆるCANデバイスを制御できます。
VxCANドライバーは、すべてのCANコンバーターのための仮想のCANのドライバーであり、製品をマスタリングすることができます。 異なった製品を使用さえして、ユーザーは、どんなCANアプリケーションも開発するのに同じAPIを使用できました。
VxCAN ユーティリティ、診断とテストソフトウェアツール)は、ICP DASのすべてのCAN製品のパワーを解き放つように設計されています。インストールされた製品の物理的CANインターフェイスと対になる仮想CANポートを造るバーチャルCANテクニックに基づいています。
IndoSoftは有名で高性能SCADAのひとつです。 現今のである、それはすべてのcorespondingコンバーターかマスターシリーズ製品のためにCAN、CANopen、およびDeviceNetドライバーをサポートします。
これは診断のためのソフトウェアです、そして、ユーザーをテストするのはデバイスがソフトウェアであることができます。 グラフィカルインタフェースは、既成であって、操作しやすいです。
CANテスト・ツールは、ユーザーが簡単なステップでICP DASのCANシリーズに関するCANコミュニケーションをテストするのを助けることができます。 このツールがVxCANドライバーに基づいていて、特にICP DASのCAN製品を支える
バスインターフェース
タイプ ユニバーサル PCI, 3.3 V と 5 V, 33 MHz, 32ビット プラグアンドプレー
CAN インターフェース
コントローラー NXP SJA1000T で 16 MHz クロック
トランシーバー NXP TJA1042
チャンネル数 8チャンネル
コネクター メス DB-37
ボーレート (bps) 10 k, 20 k, 50 k, 125 k, 250 k, 500 k, 800 k, 1 M (ユーザー定義ボーレートに従う)
終端抵抗 120 Ω 終端抵抗はジャンパー
電源
消費電力 800 mA @ 5 V
ソフトウェア
ドライバー Windows 2K/XP/7, LabView
ライブラリー VB 6.0, VC++ 6.0, BCB 6.0, Delphi 4.0, C#.Net, VB.Net
メカニズム
寸法 193mm x 22mm x 93mm (W x L x H)
環境
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH, 結露無し
PISO-CAN800U-D CR 8ポート絶縁保護ユニバーサル PCI CAN 通信ボード (RoHS)
CA-4037W x1とCA-4002コネクター x2を含む
CNT-CAN
CAN bus Connector
CA-4002 37-pin Male D-sub connector with plastic cover
CA-4037W 40-pin flat & D-sub 37-pin Female cable 24 cm Cable
CA-4037B 40-pin flat & D-sub 37-pin Female cable 24 cm Cable
CA-9-3705 DB-37 Male (D-sub) to 4-Port DB-9 Male (D-sub) cable. 0.3 M (90°) [ pin assignment ]
CA-9-3715D
DB-37 Male (D-sub) to 4-Port DB-9 Male (D-sub) cable. 1.5 M (180°) [ pin assignment ]
SG-770
7/14 channel Surge Protector
4PCD-002
EMI Ferrite Split/Snap-On Core
M12A-5P-IP68
Field-Installation A-coded 5-pin Female