アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
PEX-CAN200i-D PCIエクスプレスCANコミュニケーションカード

PEX-CAN200i-D
PEX-CAN200i-T PCIエクスプレスCANコミュニケーションカード

PEX-CAN200i-T
PCIエクスプレスCANコミュニケーションカード
     
 PEX-CAN200iはエクスプレスPCIバスでアクティブCANボードの経済的解決を表すことができます。それは5ピンのネジ留め端子コネクタか9ピンのD-SUBコネクタを持っている2つの独立したCANバスコミュニケーションポートを持っていて、さまざまなCANアプリケーションをカバーする能力を持っています。そのうえPEX-CAN200iはバス調停、誤り検出、自動修正、再トランスミッション機能がある新しいCANコントローラーのフィリップスSJA1000Tとトランシーバー82C250を使用します。
・CANバス通信アプリケーション
・DeviceNet、CANopen、CAN J1939、SDS(システムワイドネットワークプロトコルアプリケーション
・コントロールシステム、ビルディングオートメーション、ファクトリーオートメーション、データ収集
・PCIエクスプレスインターフェース
・CAN2.0AとB互換
・ISO 11898-2標準完全互換
・CANボード10Kから1Mbpsまでサポート
・CAN側を2500Vrmsホトカプラー絶縁
・33MHz、32ビット、x1 PCIエクスプレスバス
・120Ωターミネータ抵抗は内蔵ジャンパーで設定
・3KVガルバニック絶縁
・2独立CANチャンネル
・CANコントローラーに直接メモリーマッピング
・VB、VC++、Delphi、BC++ demosを提供
・LabView/DASYLab ドライバー
・Winndows 98/ME/NT/2K/XPのドライバーをサポート
Suport OPC server
PCIエクスプレスCANコミュニケーションカード
PCIエクスプレスCANコミュニケーションカード
 RTXシステムを適用するためにユーザーを満足さすために、ICPDASはPISO-CANシリーズCANカードにRTXドライバーを供給します。
 ユーザーがそれらの時間クリティカル・システムのCAN通信インターフェースを結合したいなら、PISO-CANシリーズCANカードのRTXドライバーはそれらが簡単にすぐにこれをするのを助けることができます。
 その上RTXドライバーのAPIの名前とパラメタはWindowsドライバーと同じです。
 以前Windowsドライバーを使用したことがあるなら、ユーザーはどうRTXドライバーのAPIを使用するかを研究するための、より多くの努力を支払う必要はありません。
 RTXドライバーはPISO-CANシリーズCANカードの追加価値を増加させ高度なリアルタイムのシステムを手に入れるためにユーザを満足させます。
 高価な性能と高いリアルタイムの特徴のためPISO-CANシリーズCANカードはもっと広範囲にもっと様々なCANアプリケーションに適用できます。
特徴:
1.RTXドライバーのAPIの名前とパラメタはWindowsドライバーでそれらと同じです。 彼らが以前
  PISO-CANシリーズCANカードを使用したことがあるならユーザーは新しい用法を学ぶ必要はありません。
2.PISO-CANシリーズCANカードは独立したIRQを手に入れることができるならそれは中断機能を
  サポートします。
3.ダイレクト入出力コントロールと高いリアルタイム性が特徴
4.Windows 2000 SP4、XP SP2をサポート
5.RTXバージョン8.0以降をサポート
リアルタイムテスト
・プラットフォーム:Windows XP SP2 + PEX-CAN200i
・デバイス:I-7186EXD-CANとMiniOS7(シングルトラッキングOS)
・送信と受信10000 CAN2.0B 8バイトメッセージ。
 SocketCANはリナックス・オペレーティング・システムに基づいています、そして、それはネットワークスタックとハードウェア・ドライバーの実現インタフェースを含んでいます。
 ハードウェアメーカーはSocketCANのためにハードウェア・ドライバーをプログラムします、そして、ネットワークスタックは標準のBSD Socket APIをユーザに提供します。
 したがって、ユーザーの観点から、SocketCANネットワークスタックを通して異なったハードウェア・インタフェースの様々なAPIになじみ深くなくて彼らは自分達のアプリケーションを簡単にすぐにプログラムできます。
 私たちは数種類のCANインタフェースカードにSocketCANドライバーを供給しました。
 ユーザーはこれらのカードを使用することによってリナックスプラットホームでSocketCANベースのアプリケーションを実装することができます。
 またそのうえ私たちはx86ハードウェアプラットホームでCANopen/DeviceNetマスターの静的なライブラリをサポートします。
 ユーザーがより容易にCANopen/DeviceNetスレーブとコミュニケートするを助けることができます。
特徴:
・リナックスカーネルバージョン2.6.31〜2.6.34 (x86 hardware platform only)をサポート
・CANopen/DeviceNetマスタースタティックライブラリーを提供
・SocketCANパッケージの標準インターフェース。ユーザーは拡張BSDソケットAPIsを使用出来ます。
 ユーザーはソケットプログラムでCANアプリケーションの構築をプログラム出来ます。
・バーチャルCANインターフェースをサポート。ユーザーは1個の物理CANポートに幾つかのバーチャル
 CANポートマップ出来ます。
・RAWソケット、CANopenマスター、およびDeviceNetマスターデモを提供。
・経済的なアプリケーション最適な価格
ノート:
 Hardware platform:Intel(R) Core(TM)2 CPU 6320 @ 1.86GHz, DDR2 667MHz 1.5GB
 Software platform:Kernel-2.6.32, Distro- Debian GNU/Linux 5.0
・CANカードがあるCANシステム・モニタツールであることができます。
・CANシステムをテストするに良いツールです。
・CANメッセージの送信/受信/記録
・サイクリック伝送機能
・フイルティッドIDとタイムスタンプのCANメッセージの記録
 より簡単な状態でPISO-CAN200/400を使用するために、私たちはPISOCANX ActiveXの部品(OCX)を提供します。
 異なったプログラム開発プラットホームでPISO-CAN200/400アプリケーションを開発する要素として有用でそしてユーザーの開発期間短縮を助けます。
 特にユーザーはActiveX技術をサポートするSCADAソフトウェアでこれを使用できます。
 SCADAソフトウェアを使用してCAN装置をモニターか制御することが出来ます。
 ユーザがPISOCANXを手に入れたいなら、1.16バージョンまたはそれ以降でPISO-CAN200/400ドライバーをインストールした後で見つけられるでしょう。
 NI LabVIEWと共にCANネットワークにPISO-CAN200/400を適用するために、私たちはLabVIEW7/7.1ツールキットを提供します。
 それはPISO-CAN200/400を使用してNI LabVIEW環境でCAN関連アプリケーションを開発するのに役立つツールです。
 それは使い易くユーザーがプログラム開発サイクルを短縮し素早くするのをを助けます。
 ユーザーがCANネットワークと共にLabVIEWの産業応用を開発したいなら、LabVIEW CANのドライバーは非常に助けになります。
CAN LabVIEWツールの特徴:
・拡張アビトレーションIDをサポート
・デバッグレシーブモードをサポート
・出力のスタートバイト
・LabVIEW 7/7.1をサポート
・スケーリングレンジ選択
・2カ国語:ドイツ語と英語
・データレート(ボー)の選択:10K、20K、50K、125K、 250K、500K、800K、1M、とユーザ指定
 ユーザーのためにCANネットワークでPISO-CAN200/400を使用するのは簡単です。私たちはDASYLabバージョン8.0ツールキットを提供します。
 それはPISO-CAN200/400を使用してDASYLab環境でCAN-関連アプリケーション開発に役に立つツールです。
 それは使い易くユーザーがプログラム開発サイクルを短縮し素早くするのをを助けます。
 ユーザーがCANネットワークと共にDASYLabの産業応用を開発したいなら、DASYLab CANのドライバーは非常に助けになります。
CAN DASYLabツールの特徴:
・拡張アビトレーションIDをサポート
・最大64 CANポートをサポート
・出力のスタートバイト
・スケーリングレンジ選択
・サンプルレート50〜5000Hz
・2カ国語:ドイツ語と英語
・データレート(ボー)の選択:10K、20K、50K、125K、 250K、500K、800K、1M、とユーザ指定
 容易にCANopenプロトコルをPISO-CAN200/400に適用するために、私たちは2つのCANopenアプリケーションツールを提供します。(ツールはCANopenライブラリとCANopen診断応用ツールです)。
 ユーザーがCANopenプロトコルで産業用アプリケーションを開発したいならCANopenライブラリーはCANopenプロトコルの特徴を持ったCANopenデバイスのPISO-CAN200/400を応用することは非常に有用です。
 そのうえCANネットワークにおけるCANopenメッセージのモニターと診断を考えられているなら、この目的を達成するのにCANopen診断的適用ツールを使用できます。
CANopenアプリケーションツールの特徴:
・DS301バージョン4.02追従
・CANopenスレーブデバイスの自動検出
・I/Oモニター
・ダイナミックPDO
・NMTマスター
・ガード、ハートビートプロトコルとSYNCメッセージ
・データレート(ボー)の選択:10K、20K、50K、125K、 250K、500K、800K、1M
 
 DeviceNetは簡単な産業デバイス(センサー、アクチエーター)とより高レベルなデバイス(コントローラ)との接続を提供する下位のネットワークです。
 オーガナイズされたノード間をピアツーピアでデータ交換されるように考慮されています。
 PISO-CAN200/400による特定のDeviceNetアプリケーションを開発するユーザーの為に私たちはDeviceNetライブラリを提供します。
 またさらに私たちはCANネットワークを通してDeviceNetメッセージをモニターして診断するためにDeviceNet診断応用ツールを提供します。
 DeviceNetスレーブの制御と分析をデバイスネット通信プロトコルに提供します。
デバイスネットアプリケーションツールの特徴:
・デバイスネットスレーブデバイスの自動検出
・I/Oモニター
・メッセージモニターと診断
・UCMM能力デバイスをサポート
・マスター/スレーブ接続セットの事前定義をサポート
・データレートの選択(ボー):125K、250K、500K
デバイスネットマスターX-Serverの特徴:
Linux kernel version of distributions
Linux kernel Distribution
2.6.37
Debian GUN/Linux
4.0
Fedora Core
2/3/4/5/6/7/8
Mandrake(Mandriva)
10.0/10.1/10.2
Red Hat Enterprise
4/5
Ubuntu
7.04
SUSE
9.1/9.2/9.3/10.0
テスト環境:
 OS:Windows XP SP3
 CPU:Intel Core 2 Duo 2.0GHz
 RAM:512 MB
Baud Rate(bps)
CAN 2.0 A
CAN 2.0 B
Frame per sec.
Frame per sec.
1000 k
7493
6387
800 k
6185
5249
500 k
4088
3463
250 k
2134
1808
125 k
1096
924
50 k
438
370
20 k
175
148
10 k
88
74
Note:The test result is the average value of receiving 100000 CAN messages
アイテム 説明
これはCANバスパワーメーター(PM-213x-CAN)単位でソフトウェアソリューションです。 CANバスを通して分散電力情報を集めるのは、便利です。
これはLabVIEW、iFix、DASYLab、などのようなすべてのSCADAのためのOPCサーバーです。 OPCサーバー、ユーザーを使用する、有名なSCADAを通してあらゆるCANデバイスを制御できます。
VxCANドライバーは、すべてのCANコンバーターのための仮想のCANのドライバーであり、製品をマスタリングすることができます。 異なった製品を使用さえして、ユーザーは、どんなCANアプリケーションも開発するのに同じAPIを使用できました。
VxCAN ユーティリティ、診断とテストソフトウェアツール)は、ICP DASのすべてのCAN製品のパワーを解き放つように設計されています。インストールされた製品の物理的CANインターフェイスと対になる仮想CANポートを造るバーチャルCANテクニックに基づいています。
IndoSoftは有名で高性能SCADAのひとつです。 現今のである、それはすべてのcorespondingコンバーターかマスターシリーズ製品のためにCAN、CANopen、およびDeviceNetドライバーをサポートします。
これは診断のためのソフトウェアです、そして、ユーザーをテストするのはデバイスがソフトウェアであることができます。 グラフィカルインタフェースは、既成であって、操作しやすいです。
CANテスト・ツールは、ユーザーが簡単なステップでICP DASのCANシリーズに関するCANコミュニケーションをテストするのを助けることができます。 このツールがVxCANドライバーに基づいていて、特にICP DASのCAN製品を支える
Model Name PEX-CAN200i-D PEX-CAN200i-T
バスインターフェース
タイプ 33 MHz, 32 bit, X1 PCI エクスプレスバス
CAN インターフェース
コントローラー NXP SJA1000T with 16 MHz clock
トランシーバー NXP 82C250
チャンネル数 2
コネクター 9ピンオス D-Sub 5ピンスクリューターミナルブロック
ボーレート (bps) 10 k, 20 k, 50 k, 125 k, 250 k, 500 k, 800 k, 1 M (ユーザ定義ボーレート可)
ターミネーター抵抗 120 Ω ターミネーター抵抗はジャンパー
電源
消費電力 100 mA @ 12 V, 100 mA @ 3.3 V
ソフトウェア
ドライバー Windows 98/ME/NT/2K/XP/7, Linux 2.6.37, LabView, DASYLab
ライブラリー VB 6.0, VC++ 6.0, BCB 6.0, Delphi 4.0
メカニズム
寸法 120mm x 22mm x 85mm (W x L x H)
環境
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH、結露無し
PEX-CAN200i-D CR 2ポート絶縁保護 CAN通信ボード9ピンD-subコネクター (RoHS)
PEX-CAN200i-T CR 2ポート絶縁保護CAN通信ボード5ピンスクリューターミナルブロック (RoHS)
CNT-CAN
CAN bus Connector
CA-0910-C
9-pin Female D-sub & 3-wire CAN bus cable (1M)
SG-770
7/14 channel Surge Protector
4PCD-002
EMI Ferrite Split/Snap-On Core
M12A-5P-IP68
Field-Installation A-coded 5-pin Female