セレクションガイド
FRnetとFRnet製品

シンプルイズビューティフル
 FRnetは、高速決定的なI/Oコントロール、真のI/O同期能力、非プロトコルコミニケーション、簡単なプログラミングのような、多くの特徴を持っている革新的な産業用フィールドバスです。
 もし、ユーザがイーサネット、CAN、Profibusや他のフィールドバスシステムの難しさ複雑さがわかるなら、FRnetを好きになるべきです。
 FRnet製品を広く使用することが出来ます、非CPU I/Oシステムからハイエンドコントロールシステムまで、PCベース、PLCベース、PACベースコントロールシステムのように。
非CPU I/Oシステム
 長距離の入出力拡大システムを導入するのに我々のFR I/Oモジュールを使用することが出来ます。
 省配線、簡単なインストールは配線コストを低減します、そして容易に工信頼性を達成することができます。
 より詳細な情報についてマジックワイヤーに関連する資料を参照して下さい。
PCベースシステム
 ウインドウズがマルチタスクシステムであるので、リアルタイムコントロールシステムを与えるのは非常に難しく、特にCPUパワーの大部分がイメージとモションカードに消費されて、残りがI/Oコントロールを扱うために十分でないときに。
 FRnet入出力モジュールに合成されるFRnetコントロールボードはシステム設計者によって直面する問題を解決するのを助けることが出来ます。
 FRB-200は簡単なコントローラーに使用されるFRnetコミニケーションボードです。強力なコントロールアプリケーションの為には、ボードPLCはより良い選択でしょう。
 FRB-200の特徴は80186 CPU、512K SRAM、512Kフラッシュメモリー、ミニOS7で、ユーザーがISaGRAF SoftPLC言語を使用してアプリケーションを開発するのを考慮しています。
 ボードPLCはデュアルポートRAM経由でPCと通信します、PLCと非常によく似た機能です。
 数個のボードPLCをシングルPC使用することが出来ます。
 より詳細情報についてはFRB-200に関連した資料を参照して下さい。
FRnetコミニケーションボード
ボードPLC
MDシリーズマジックワイヤーモジュール
 PCベースI/Oカードの動作限界の結果、遠方からI/Oをコントロールするのは不可能です。
 この点でMDシリーズマジックワイヤーはこのような場合に要求されるコントロールに合わせるのに最適な選択です。
 より詳細情報についてはMDシリーズマジックワイヤーに関連した資料を参照して下さい。
PACベースのシステム
 PACベースのシステムはPCベースシステムのへの代替の選択です。
 ICPDAS WinCon-8000、LinCon-8000およびI-8000シリーズモジュールは全てFRnetネットワークを実行するのにI-8122 FRnetコミノケーションモジュールを使用するProgrammable Automation Controller(PAC)です。
 したがって、ICPDAS PACは容易に高速に確定な入出力コントロールを達成するのを助けることが出来ます。
 I-7188EFは内蔵のFRnetインターフェイスがあるuPACです。
 このPACはハードディスクの代わりにフラッシュディスクと内蔵OSを使用します。
 オプションの増設メモリーは全ての入出力の出来事の状態を記録できます。全てのPACが広い温度の変動幅と厳しい産業環境で作動することが出来ます。
 伝統的なPLCと比べてICPDAS PACより良いネットワーク能力、より強い高速分配された入出力(FRシリーズ入出力)より安いアナログ入出力モジュール、より安いモーションコントロールモジュールおよびより豊かなソフトウエアーツールがあります。
 より詳細情報についてはWinCon-8000に関連した資料、LinCon-8000、I-8000およびI-7188を参照して下さい。
PLCネットワークソリューション
 世界中に構築されている何百万台ものPLCシステムが有ります。それらをイントラネットかインターネットにネットワークで繋ぐためのもっとも良いアプローチは最新の話題で、またシステムインテグレーターが直面している主な挑戦になりました。
 異なった機械と設備は異なったPLCと異なったPLC言語を使用します。わずかな人々しか本当に全体のシステム構造とさまざまの制御プログラムを理解しません。
 しかし、もしシステムエンジニアがICPDASのマジックワイヤーシリーズ製品を選べば、異なったPLCシステムを簡単にネットワークを使用出来るようになります。
 マジックワイヤーを使用して、ICPDAS uPACはインターネットやイントラネットに既存のPLC接続して使用できます。
 より詳細情報についてはMagicWireとI-7188EFに関連した資料を参照して下さい。
FR入出力モジュール
 FRシリーズ入出力モジュールにはFRnetインターフェイスがあります分配リモートI/Oかマジックワイヤーモジュールとして使用出来ます。
 FR入出力モジュールはデフォルトでリモート入出力モジュールとして設定されています。
 ユーザーはマジックワイヤーモジュールとして使用出来ることを可能になるように正しい設定をするべきです。
 ユーザーは数個のFRnetモジュールを一緒に簡単にデージーチェン接続が出来ます。
 FRnetモジュールはPC、PAC、uPAC及びPLCと共に動作します。より詳細情報についてはFR I/OモジュールとMagicWireに関連した資料を参照して下さい。
マジックワイヤーモジュール
 マジックワイヤーモジュールの2つの主なアプリケーションは長距離I/Oの拡張とPLC、PACとエンベデッドコントローラーのネットワーキングです。
 マジックワイヤーモジュールにはMAシリーズ、MDシリーズとFRシリーズが含まれており、幅広く使用でき、ローエンドの非CPU I/Oシステムからハイエンドコントロールシステムまで、PAC、PC、PLC、その他のような物です。
 より詳細情報についてはMagicWireに関連した資料を参照して下さい。