ICPDASジャパン総合目次カテゴリー目次ICPDASジャパン問い合わせ製品詳細ページ
I-7188EX/μPAC-7186EX シリーズプログラマブルModbusゲートウェイ
 Modbusは産業製造と環境モニタリング分野で非常によく知られるプロトコルです。それはマスタースレーブか質問応答の分配入出力アプリケーションに合います。
 ModbusゲートウェイファームウェアはI-7188EX-MTCPとuPAC-7186EX-MTCPユニットに既にインストールされています。
 したがって、PCかPLCにI-7188EX-MTCPかuPAC-7186EX-MTCPで繋がってゲートウェイのCOMポートでリンクしてModbus/RTUを使用した入出力モジュールとModbus/TCPかModbus/RTUプロトコルで通信するのに使用出来ます。
 そのうえ、また、ゲートウェイの機能性、I-7188EX-MTCP、およびuPAC-7186EX-MTCPユニットはDOS風OS(MiniOS7)を備えてC言語をベースとするプログラマブル・コントローラです。
 ユーザはプログラムを開発するために16ビットの実行可能な(*.exe)ファイルを作成できるCコンパイラを使用できます。
 それをコントローラにダウンロードした後に、コントローラは単独で動作できるようになるでしょう。2つの無料バージョンのコンパイラ(ターボC2.0とTurbo C++1.01)があります、私たちはTurbo C++1.01を使用する事をユーザに勧めます。
 ソフトウェア開発ツールキットはICPDASが提供します、ユーザはファームウェアをカスタム設計できます。
 SDKはModbus通信のModbus/TCP master/slave, Modbus/RTU master/salve, Modbus/ASCII master, 等豊富な機能を提供します。
 その上、相対的なCOMポート機能(IsCom、ReadCom、ToCom、など)をと呼ぶことによって、あなたは他の標準的でないプロトコルをModbu/TCPかModbus/RTUに変換できます。 すなわち、また、コントローラはプロトコルコンバータであるかもしれません。
Model
CPU
SRAM
Flash
EPROM
I/O
expansion
bus
64-bit
hardware
serial
number
RTC
Ethernet Port
COM1
(Note1)
COM2
(Note2)
I-7188EX-MTCP
40M Hz
512K
512K
2K
Yes
Yes
Yes
10 Base-T
RS-232
(Note1)
RS-485
(Note2)
I-7188EXD-MTCP
I-7188E2-MTCP
40M Hz
384K
512K
2K
No
No
No
10 Base-T
RS-232
(Note1)
RS-485
(Note2)
I-7188E2D-MTCP
μPAC-7186EX-MTCP
80M Hz
512K
512K
16K
Yes
Yes
Yes
10/100
Base-TX
RS-232
(Note1)
RS-485
(Note2)
μPAC-7186EXD-MTCP

Note1: RS-232: RXD, TXD, CTS, RTS, GND
              Program download port

Note2: RS-485: Data+, Data-; Self-tuner inside

Note3: For 7188XA and 7188XB , we also provide Modbus library.

Note4: You can mount one X board to expand COM port number,
              The COM port X boards are plug & play type.