アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
ISO-P32S32W

ISAバス32chオプティカル絶縁DIと32chオプティカル絶縁オープンコレクター出力ボード
(8ch 500mAと24ch100mA電流シンク出力NPN)
ISAバス32chオプティカル絶縁DIと32chオプティカル絶縁オープンコレクター出力ボード ISO-P32S32
ISO-P32S32

・32 chオプティカル絶縁デジタル入力
・32 ch オプティカル絶縁デジタル出力
・絶縁電圧:3750Vrms(外部電源使用時)
・DC/DCコンバータ内蔵
・2個のインターラプトソース:チャンネル0とチャンネル16
・オープンコレクター:500mA(8 ch)、100mA(24 ch)電流シンクNPN
 ISO-P32S32Wは32チャンネル光学絶縁オープンコレクター出力と32チャンネル光学絶縁DIを持ったボードです。(8chは500mAと24chは100mA電流シンク出力NPN)4個の絶縁バンクの中にアレンジされています。
 各入力チャンネルは外部信号からコンピューターとカードを絶縁するのにフォトカプラーが使われています。
 各デジタル出力は誘導負荷のためにNPNトランジスタと不可欠の抑圧ダイオードを提供します。
 ISO-P32S32WはDI、DOポートサポートの為、外部のパワーが必要です。
 このインターフェースボードは容易にどんなPCにもインストールできます。グラウンド・ループ問題を解決して、ダメージが大きい電圧からホストコンピュータを絶縁して、ボードはフィールドロジック信号に接続します。
 ISO-P32S32Wには、37ピンの1個のD-SUBコネクタとオスの40ピンのヘッダーが1個あります。DB-37への40ピンのフラットケーブルは、ケースに固定するのに使用されます。
 ユーザは2番目のD-SUBコネクターを通してデジタル信号を接続できます。各D-SUBコネクターは16個の入力チャンネルと16の出力チャネルを含んでいます。
・ファクトリーオートメーション
・製品テスト
・ラボのオートメーション
・DOSサンプルプログラム(ソースコード付き)
・DLLとOCX SDKウインドウズ98/NT/2K
・DLLとOCX SDK 32ビットウインドウXP、2003、VISTA、7用
・VB、VC、Delphi、BCBサンプルプログラム(ソースコード付き)
・ウインドウズ用LabVIEWツールキット
・DasyLabのドライバー
デジタル入力
絶縁電圧 3750 Vrms (外部電源使用)
チャンネル 32チャンネル
互換 フォトカプラー絶縁
入力電圧 ロジック 0: 0 ~ 1 V
ロジック 1: 5 ~ 24 V
入力インピーダンス 3 KΩ, 0.5 W
Response Speed 4 kHz (標準)
デジタル出力
絶縁電圧 3750 Vrms (外部電源使用)
チャンネル 32チャンネル
互換 シンク、オープンコレクター
外部電圧 5 ~ 30 VDC (max.)
出力能力 500 mA for ハイドライビングチャンネル x1 @ 100% デュティ
500 mA for 全ハイドライビングチャンネル @ 100% デュティ
(全てのグランドピンはガイブ電源のグランドに接続)
100 mA for ロードライビングチャンネル x1 @ 100% デュティ
100 mA for 全ロードライビングチャンネル @ 100% デュティ
(全てのグランドピンは外部電源のグランドに接続)
レスポンス速度 4 kHz (標準)
一般
バスタイプ ISAバス
データーバス 8ビット
I/Oコネクター メス DB37 x 1
40ピンボックスヘッダー x 1
寸法 (L x W x D) 163 mm x 115 mm x 22 mm
消費電力 600 mA @ +5 V
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH, 結露無し
ISO-P32S32W CR ISAバス32チャンネル光絶縁DIと32チャンネル光絶縁オープンコレクター出力ボード
(8チャンネル500 mAと24チャンネル100 mA電流シンク出力、NPN, RoHS)
CA-4037W ケーブル x1、CA-4002 D-Sub コネクター x2含む.