アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
ISO-DA8

ISAバス14ビット8チャンネル絶縁アナログ出力ボード
     
ISO-DA8 ISAバス14ビット8チャンネル絶縁アナログ出力ボード
ISO-DA8

・ISAバス
・2500Vdcフォトアイソレーション保護
・8チャンネル14ビットアナログ出力
・各コンバータからは電圧/電流出力
・出力タイプ(ユニポーラかバイポーラ)と出力範囲(0〜5V、+/-5V、0〜10V、+/-10V)ソフトウエアープログラミング
・各コンバータからグランドへ4-20mAカレントシンク
・ダブルバッファD/Aラッチ
・コマンドセットプログラミング
・ソフトウエアー校正
  ISO-DA8はPC/AT互換コンピューター用のバスタイプ絶縁14ビットD/A変換カードです
 ISO-DA8のオプティカル絶縁はコモンモード電圧で2500Vrmsで動作します
 ISO-DA8は8チャンネルのダブルバッファ出力を提供します
 出力レンジは以下のレンジを構成できます:+/-10V、+/-5V、0〜10V、0〜5Vの電圧出力か4-20mAか0-20mAのカレントループシンク
 ボードの革新的な設計は従来の絶縁型D/Aカードの2-3の問題点を進歩させています
 例えば:
1.ジャンパーレス、トリムレス
2アナログ出力のパワーオン時の値はユーザーが事前に定義できボード上のEEPROMに保存出来ます
3多チャンネルをハーフサイズに実装
4校正はソフツウエアーコントロールの下で行われます。手動でのトリムポット調整を排除。校正データーはEEPROMに保存。たやすい校正はボードの精度を保証
・プログラマブル電源
・製品テスト
・ラボラトリーオートメーション
・DOSサンプルプログラムソースコード付き
・DLLとOCX SDK Windows 98/NT/2000
・DLLとOCX SDK 32ビットWindows XP/2003/VISTA/7
・VB、VC、Delphi、BCBソースコードを含むサンプルプログラム
・LabVIEWツールキットWindows用
・DasyLab用ドライバー
アナログ出力
絶縁電圧 2500 VDC (ダブルバッファ、マルチプライング)
チャンネル 8チャンネル独立
分解能 14ビット
精度 0.1% of FSR ± 1 LSB @ 25 ℃, ± 10 V
スルーレート 0.6 V/μs
出力インピーダンス 0.1 Ω max.
動作モード ソフトウエアー
電圧出力範囲
出力範囲 +10 V ~ -10 V
電流ドライブ +/- 5 mA
絶対精度 0.01% of FSR +/-2 LSB
電流出力範囲
電流出力 0 ~ 20 mA
絶対精度 0.1% of FSR +/-2 LSB
拡張電圧範囲 +7 V ~ +40 V
安定性
オフセット温度係数 +/-50 μV/℃
ゲイン温度係数 +/-10 ppm (C)
一般
バスタイプ ISAバス
I/Oコネクター メス DB37 x 1
20ピンボックスヘッダー x 2
寸法 (L x W x D) 182 mm x 122 mm x 22 mm
消費電力 800 mA @ +5 V (max.)
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH, 結露無し
ISO-DA8 8チャンネルバス絶縁アナログ出力ボード
CA-4002 D-Sub コネクター x1含む
ISO-DA8/S ISO-DA8 + DN-37
CA-3710 D-Sub コネクター x1含む
ISO-DA8 CR 8チャンネルバス絶縁アナログ出力ボード (RoHS)
CA-4002 D-Sub コネクター x1含む.
ISO-DA8/S CR ISO-DA8 + DN-37 (RoHS)
CA-3710 D-Sub ケーブル 1含む