アイコンの内容は詳細ページよりダウンロード頂けます
DIO-48

ISAバス48チャンネルOPT-22デジタルI/Oボード
     
ISAバス48チャンネルデジタルI/Oボード DIO-48
DIO-48

・DB-24P、DB-24R、DB-24PR、DB-885BかOPTO-22互換ドーターボードと直接接続
・48デジタルI/O
・1個の16ビットカウンター
・IRQレベル:IRQ3....IRQ15
・入力トリガー:エベント/タイマー・ポートC3、C7
・クロックソース設定可:RTC(32.768K)/2M/4M/8M Hz
・エミュレート2個の産業標準8255モード0
・50ピンフラットケーブルコネクター2個
・出力状態リードバック
 DIO-48は48TTLデジタルI/Oラインと1個の16ビットカウンターを提供します。
 DIO-48は8255モード0をエミュレートし、LED、リレー、その他をコントロールするのを考慮して15mA(ソース)と64mA(シンク)出力電流があります。
 DIO-48は8ビット双方向ポート6個とカウンターとインターラプトエネイブルの3入力ライン構造です。
 8ビットポートはポートA(PA)、ポートB(PB)、ポートC(PC)と名付けられています。
 ポートCは4ビット2個に分割出来ます。
 全てのポートはパワーアップかリセットの時入力に構成されます。
 DIO-24は2個のI/Oアドレスを使用します。ベースアドレスは200から3FF hexまで選択できます。
 インターラプト信号はレベル2から7インターラプトのどれにでも接続出来るでしょう。
・ファクトリーオートメーション
・製品テスト
・制御
・DOSサンプルプログラムソースコード付き
・DLLとOCX SDK Windows 98/NT/2000
・DLLとOCX SDK 32ビットWindows XP/2003/VISTA/7
・VB、VC、Delphi、BCBソースコードを含むサンプルプログラム
・LabVIEWツールキットWindows用
・LINUX、DasyLab用ドライバー
デジタル入力
チャンネル 48チャンネル (OPTO-22 互換)
互換 5 V/TTL
入力電圧 ロジック 0: 0.8 V max.
ロジック 1: 2.0 V min.
応答速度 1.0 MHz (標準)
デジタル出力
チャンネル 48チャンネル (OPTO-22 互換)
互換 5 V/TTL
出力電圧 ロジック 0: 0.4 V max.
ロジック 1: 2.4 V min.
出力能力 シンク: 0.8 mA @ 0.8 V
ソース: -2.4 mA @ 2.0 V
応答速度 1.0 MHz (標準)
タイマー/カウンター
チャンネル 3チャンネル独立
分解能 16ビット
入力周波数 10 MHz max.
クロックソース 32.768 kHz/2 MHz/4 MHz
一般
バスタイプ ISAバス
I/O コネクター 50ピンボックスヘッダー x 2
寸法 (L x W x D) 159 mm x 120 mm x 22 mm
消費電力 900 mA @ +5 V
動作温度 0 ~ 60 ℃
保存温度 -20 ~ 70 ℃
湿度 5 ~ 85% RH, 結露無し
DIO-48 48チャンネルデジタルI/Oボード
DIO-48 CR 48チャンネルデジタルI/Oボード (RoHS)